kuma45c

Futsal Philosophy (フットサル・フィロソフィー)

17 3月

2013/3/17 PUMA CUP全日本フットサル選手権決勝ラウンド 3日目 『それぞれのハッピーエンド』

2013/3/17 PUMA CUP全日本フットサル選手権決勝ラウンド 3日目
3位決定戦&決勝戦 代々木競技場第一体育館
◆3位決定戦
エスポラーダ北海道 3-1湘南ベルマーレ
◆決勝
フウガすみだ 3-3(延長1-1、PK3-4) 名古屋オーシャンズ

2013年3月17日。第18回PUMA CUP全日本フットサル選手権決勝。

地域リーグ所属のすみだがFリーグ絶対王者名古屋を相手に3度リードをしての延長突入。
3-4と名古屋リードで迎えた延長後半残り4秒。
キックインに体ごと飛び込んでの太見選手の同点ゴール。
最後は大会を通じて出色のパフォーマンスを見せた諸江選手がPKを外して無念の敗退に終わった。

PKを外して目を腫らす諸江選手にキャプテンの金川選手が駆け寄る。
チームメートが二人を中心に優しく輪を作る光景はなんとも感動的で、ひとしきり悔しがったあとに清々しいやりきった笑顔で準優勝を喜んでくれていたのが本当に嬉しかった。

その横ではこの大会での引退を表明していた木暮選手が佇んでいる。

約半年前にフットサルワールドカップのキャプテンを務め、優勝したブラジル、稀代の天才リカルジーニョを擁するポルトガルと同組ながら、史上初の決勝トーナメント進出を果たす原動力になった日本フットサル界の巨星は、決勝戦を含むトーナメントの3試合とも試合時間を与えられず引退することになった。

試合中はトコトンいやらしく、試合後は底抜けに明るいラファエル・サカイが木暮選手を肩車して場内を一周する。
引退という感傷に囚われず、ただひとりの選手として今日プレイするレベルに達していなかったという判断を下したアジウ監督は素晴らしくフェアで、木暮選手のことをプロとして尊重していたと思うし、そういうスポーツだからこそ木暮選手もフットサルにすべてを賭け、清々しい表情で場内を埋め尽くした観客に手を振っていたのだと思う。

過去最高の5,090人の目を釘付けにした奇跡的な一戦は勝者も敗者もお互いを称え、自分よりもチームメイトを想い、彼らを中心に2つの輪が広がっていく。
半年前にタイで見たワールドカップ決勝以上の濃厚な試合の余韻と、強く、美しい光景に涙が止まらなかった。


すみだ勝利。すみだ引き分け。すみだ惜敗。

Fリーグのチームと対戦する際、とかくすみだが主語として語られがちだ。
Fリーグ勢とこれだけやれるのなら、早くすみだをFリーグに加入させてほしい。
名古屋を破って全日本優勝を遂げた2009年からそう思っていたファンは多いはずだ。
勿論自分もその一人だが、すみだの健闘を望む反面、日本のトップリーグで研鑽を積むFリーグ勢には圧勝してほしい気持ちもある。

今年の全日本、すみだはFリーグの大阪、北海道、名古屋と戦い、十分な内容と破格の結果を残した。

いずれも素晴らしいチームだったが、日本のトップリーグで戦う経験値が選手を、チームを強くしているのか。
降格がなく、日程の半ばで趨勢が見える優勝争いを同じ面子でこなすトップリーグ。
ジリ貧。頭打ち。そんな言葉にひたすらフタをし、喉が焼け、目頭が熱くなるような熱を持ち込めるチームを仲間に加えようとしない。

Fリーグ参入を目指すすみだ。
願いが叶わなくても、今いる場所で全力を尽くし、腐ることなく研鑽を積む姿勢はフットサルに留まらず、学ぶことばかりだ。
そうした継続の結果が熱を呼び、サポーターを集め、選手を育て、組織を強くする。
彼らは自分たちが夢中になれるものを全力で表現している。
ファンに夢を、選手に目標を、競技に愛情を示すのが協会の仕事なのではないだろうか。
彼らの純粋な想いにFリーグ参入というニンジンをぶら下げ、思わせぶりな態度を取るのはあまりに不粋だろう。

東金発(関東予選)、大阪経由(全日本予選ラウンド)、代々木で完結を迎えた彼らの物語は準優勝に終わったが、目指すものがまだあるというのは、彼らにとってハッピーエンドのひとつだろう。
 
来年、どのカテゴリーで戦うかはわからないが、彼らが追うものの価値を理解していない協会が運営するリーグならこのチームを渡したくない。
会場に集まった5,090人の観客の目を釘付けにした宝物をとにかく大事にしてほしい。

16 3月

2013/3/16 PUMA CUP全日本フットサル選手権 2日目『次代のアイドル』

2013/3/16 PUMA CUP全日本フットサル選手権決勝ラウンド 2日目 代々木競技場第一体育館
 ◆準決勝
エスポラーダ北海道 2-5 フウガすみだ
湘南ベルマーレ 2-6 名古屋オーシャンズ

期待していたすみだと名古屋が決勝に駒を進めた。
室田祐選手の強烈なスピードと神選手の冷静なゲームマネージメントを軸にした北海道の1stセットに手を焼いたが、2ndセット対決で得点を重ね、気がづけば5-2ですみだが勝利。

ファイトとガッツの大森選手。
さりげなく急所を突く曲者の半田選手。
機械のように前線でボールを収め続ける神尾選手。
フットサルIQとクイックネスの岡山選手とそれぞれが個性を発揮するすみだの2ndセットはよくできた少年マンガのようで非常に魅力的だ。

北海道先制から岡山選手の逆転弾。
これまでいい仕事をしながら試合をリードする得点には絡んでいなかった岡山選手。
今日のゴールは個性派揃いのすみだの中でも岡山ここにありを示す印象的なゴールで、決勝戦は同じくフットサルIQに優れる吉川選手との優等生対決が楽しみだ。

ジオゴ選手の強烈なミドルで湘南が先制も、カウンター合戦を避け真綿で首を絞めるように遅攻で押す名古屋。
何度も見た光景だが相手ゴール後の挙がった士気を台無しにするゴールをラファエルサカイがお約束のようにズドンと決める。

森岡、リカルジーニョ、逸見、北原、サカイ、ペドロコスタ、吉川、渡邊、川原。
14人ベンチ入りできるところを12人で試合に挑み、最小構成の9人で勝利を挙げるチーム力は正直、異次元だ。
 
昨日、今日とパス、シュートを相手の足にかけることが多かった稀代のファンタジスタ、リカルジーニョも小ジャンプで右足を上げてからの2段蹴り左足ボレーと、ゴールライン180度ギリギリからキーパーのニアサイド肩口をノールックで抜くこれまたマンガのようなシュートで2得点と調子は一気に上向きだ。

決勝戦、すみだが勝つなら先制してしぶとく相手を押さえていくしかない。
後半残り5分、イライラさせて名古屋のパワープレーを引き出せればしめたものだ。
3-1、4-2あるいは5-3あたりで試合を閉める流れがすみだの勝ちゲームだろう。
名古屋が勝つなら圧勝を期待したい。
2桁に迫るほどの得点でFリーグ絶対王者の威厳をこれでもかというくらいに示してほしい。

試合後、決勝戦を楽しみに会場を後にしたところ、小学生ほどの男の子が父親にリカルジーニョの2段蹴りボレーの真似を何度も見せていた。
ワールドカップでフットサル界のアイドルであるファルカンを相手に、彼の代名詞であるファルカンフェイントを繰り出したコロンビアの選手を思い出す。

アイドルに憧れて、次代のアイドルが育つ。
明日が日本で最後の試合だが、リカルジーニョには来てくれてありがとうと心から言いたい。

今シーズンラストマッチ、全日本選手権決勝。
集まった観客に熱を見せつけ、フットサルの器が広がるような試合を楽しみにしてます。
 
884308_324718024297692_114360393_o

27 1月

救急救命について『知っている』と『行動できる』

思うところがあり申し込んだ救急救命の講習に行ってきました。

日曜日の9時~17時、お役所主催の講習会ということで、眠い講義、殺伐とした実技が続くのかと思いきや、講師の方が鮮明な体験談で場を引き込み、時折挟む下町のお父さん全開なユーモアで場を和ませる。

いつの間にか受講生が積極的に参加するいい雰囲気が出来上がっていて、あっという間に講習終了。
自分が伝えたいこと、相手が知りたいことを理解しているのは大前提で、自分だけの個性を織り交ぜる。
救急救命だけでなく、なんだか色々勉強になりました。

もちろん救急救命も勉強になったので有事の際はやりま、・・・すよ!!

◆◆◆補足◆◆◆
AEDは通常電源がOFF状態になっており、ほとんどのAEDは電源をONにしたタイミングで使用方法に関するガイダンスが流れます。
また、パッケージにも使用方法の説明が書かれており、一度救急救命の講習を受けていれば、AEDを使用することのハードルはグッと下がります。
あとは実際にその場で行動ができるかですが、瞬時に行動が必要な場面で、自分が行動できるか正直に言ってわかりません。

『知っている』と『行動できる』の意味は大きく違いますが、『行動できる』の元になっているのは『知っている』ことです。
私もそうでしたが、学校のカリキュラムで受講するような救急救命の講習では、見てるだけ、茶化してるだけで終わってしまいがちなので、改めて消防署等が主催する講習会に参加し、自発的に知る機会を持ってほしいと思います。
行動できるかはその場になってみなければわからないのは仕方がなく、まずは知っている状態まで自分を持っていくのが第一歩かと思います。

20130127_99
20130127_98
30 12月

救急救命について『できない、という恐怖』

お昼に郵便物の受取にゆうゆう窓口がある郵便局へ。
年末営業で土日にもかかわらず郵便局も通常営業中。

郵便物の受取はゆうゆう窓口でということで並んで待つ。
前には窓口で局員の方と話している女性の方と、30代後半の男性が並んでいて自分は3番目。
順番待ちをしていると前の男性が列から離れ郵便局のほうへ向かう。

『前の女性が時間かかってるから年賀状でも見に行くのかなー』

と思って男性を見ると男性と一瞬目が合った。
すると男性が棒が倒れるように気をつけの体制で真後に倒れた。

男性はピクリとも動かない。
床に横たわる顔を覗き込むと、目は開いているものの黒目が深く、焦点はどこにも合っていない。
倒れた時に頭を打っているので安静にしておくのがベストなのはわかる。
ただ、その先に何をすればいいかがわからない。

無事かどうか呼びかけるべきなのか。
体制は仰向けのままでいいのか。
心臓マッサージ&人工呼吸をすべきなのか(正確なやり方はわからない)。
AEDを使うべきなのか(建物内にあるのかはわからず、あったとしても使い方はわからない)。

一瞬なのか長時間なのかわからない、パニック時特有の濃い時間の中で自分なりにできることを考えた。
郵便局のカウンターに向かって、人が倒れたことと、救急車を呼んでくれるよう叫んだ。とにかく叫んだ。
考えた結果、自分にできることはそれしかなかった・・・。

事象発生時に自分が一番そばにいた。倒れる前にも目が合った。
いよいよ深刻な事態になった場合はなんとも後味が悪い。
『この中にお医者様はいらっしゃいませんか?』
と自分が祈る日が来るとは思わなかった・・・。

すると、ゆうゆう窓口の横にあるATMに並んでいた私と同年齢程の男性が、おもむろに倒れた男性の介抱を始めた。

意識があるかを呼びかけ、男性が意識を取り戻す。
名前の確認、過去にも倒れたことがあるか、朝食を取ったかなどゆっくりと問いかける。
体制を仰臥から、横臥にし、自分が掛けていたショルダーバックを枕に代用し、頭を床と水平に保つ。

局員の方も現場に集まり、倒れてから5分程度で救急車も到着。
ストレッチャーに乗るころには倒れた男性の意識もしっかりし、介抱をした男性に感謝の言葉を述べ車中の人となった。
介抱した男性は局員、救急隊員からも感謝の言葉をもらう。
男性は照れくさそうにはにかんで、何事もなかったようにATMの順番待ちの列に並ぶ。
医療従事者か、応急処置の心得があったのかはわからないが、この人の的確な処置で男性は救われた。

危機に対し冷静に自分ができることを判断し的確に対処する。
この人は、仕事でもなく、日常の用事で訪れた郵便局でそれを実現した。
本当にすごいことだ。
ひょっとしたらご近所に住んでいるかもしれない、名前も名乗らず郵便局を後にしたローカルヒーローに感謝した。

18 11月

2012/11/18 フットサルワールドカップ2012 決勝 フアマークインドアスタジアム 『フットサルの神様』

2012/11/18 フットサルワールドカップ2012 決勝 フアマークインドアスタジアム
スペイン 2 - 3 ブラジル

2000年決勝。
2004年準決勝。
2008年決勝。
ワールドカップで3度激突し、勝利したチームがワールドカップを掲げているスペインとブラジル。
長年に渡って世界のフットサルをリードする両国が大方の予想通り2012年も決勝戦で激突した。

世界各国の観客でごった返す満員のフアマーク・インドアスタジアム。
ひとりのサポーターがブラジルのコールをすると、やがて大きな波になって会場に伝播していく。
これからスゴイことが始まるという感覚で胸が高鳴った。

試合はスペインの前プレ&ピボを置く作戦が奏功。
出足のいいプレスでブラジルのパスワークを寸断し、準決勝でオフェンスの起点になり続けたフェルナンダウは今日もピタリと前線でパスを収める。
モダンなフットサルを展開するスペインに対し、ひたすら凌ぐブラジル。
劣勢の前半終了間際に、ブラジルサポーターからこれまで出番の無かったフットサル界のトップスター、ファルカンの出場を促すコールがあがる。
顔色の悪くなる仲間たちを尻目に、アップスペースに佇むファルカンが不敵に微笑んだ気がした。

2012年ワールドカップ、最後のハーフタイム。

どこからか起こったウェーブが3回楕円形のアリーナを周る。
タイに来て9日間、日本、ポルトガル、ロシア、イタリア、コロンビア。そしてスペインとブラジル。
勝つことに貧欲で、フットサルが好きで、試合をとことん楽しむ。
各国にスタイルの違いはあれど、素晴らしいチームの熱い試合を観た。
あと1時間もかからず世界最強が決まる。
権利を持ってるのはスペインとブラジルだけ。
センチメンタルよりも、これがワールドカップなんだってとても嬉しい気持ちになった。

後半。
満を持してスタートからファルカンがフロアに立つ。
彼がピッチに入るだけで観客のボルテージが上がり、ブラジルの選手にも余裕が戻る。
前半やりたい放題だったスペインの選手にも緊張が走った。

ここから試合が動いていく。

後半24分。
コーナーからの単純な落としにネトが左足を振り抜きブラジル先制。
5分後、フリーキックの跳ね返りをトーラスが押し込んでスペインが同点に追いつき、その直後、左サイドからの単純なチョンドンでスペインが逆転。

後半10分までに生まれた3点はシュートのきっかけになるミスや、シュート時のブロックの遅れが招いたもので、ポルトガル対イタリア戦のリカルジーニョのようなファンタスティックなゴールではない。
どれも一般のワンデー大会でありそうなありふれたゴールだが、世界最高の一戦だからこそ細かいディティールのズレを突いたゴールしか決まらない。
満員の観客が見つめる中、世界一緻密なミスの潰し合いをすることで彼らは決勝戦を表現していた。

1点リードで逃げ切りを計るスペインに対し、ブラジルは残り5分からパワープレーを開始する。
ロシア、イタリアのパワープレーを跳ね返してきたスペイン。
さすがのブラジルも厳しいだろうと思った。

ブラジルの中核を成す77年組の苦悩を考える。

ベテランゆえ結果が出なければ、若手待望論がおこり、年齢による限界を囁かれる。
2000年、2004年大会から一線を支えてきた彼らは、他の代表を狙う選手だけでなく、これまで栄光を勝ち取ってきたキャリアベストの自分との競争をも常に強いられている。
想像もできないほど孤独な戦いを続ける彼らのプレッシャーはどれくらいのものだろう。
だが、それでも彼らは勝ち続けてきた。
その事実が彼らの今を支えているはずで、4年間の物語を締めくくる5分間という刹那に彼らはそれを証明しようとしている。

スペインのフィールドプレーヤー4人を楕円に囲み、ブラジルが外郭でパスを回す。
オーソドックスなパワープレーでは、外側で相手のマークのズレが出るまでパスを回し、コーナーに配置した選手へのパスをスイッチに、逆サイドから中央への飛び込みや、戻してのシュートでフィニッシュを作るのがセオリーだ。

パワープレーをはじめて間もなく、第2PK外やや右にポジションを取るファルカンに左サイドからパスが入る。

77年生まれの1人、フットサルの神様と言われるファルカンも35歳。
おそらく最後のワールドカップになる今大会、初戦の日本戦で負傷退場し、ビハインドを背負った準々決勝のアルゼンチン戦で復帰すると起死回生のプレイを見せ、ブラジルの窮地を救う。
常に自信たっぷりに厚みのある体躯を反らすファルカンだが、ドラマチックな復活劇で王国の窮地を救ったアルゼンチン戦での彼の目には、普段の彼からは想像できない涙が浮かんでいた。

左足裏でボールを支配する。
相手にマークのズレはなく、スペースの開いている右サイドに振るのかと誰もが思った瞬間、そのまま左足を一閃。
アリーナにいる全ての人を欺いたファルカンのミドルシュートがスペインゴールに突き刺さった。

大きく揺れるスタンドに向かってゆっくりと歩き、自信たっぷりに両手を広げて喝采を要求し、その後、手を合わせて頭を下げるタイの伝統的な挨拶『ワイ』のポーズで応えるファルカン。

そこにいることが説得力になるスーパースターの存在感。
味方を鼓舞し、相手を挫き、観客を熱狂させる得体のしれない人間の凄さに心が震えた。

ざわめきの余韻を残したまま試合は延長戦へ。

延長でも世界一緻密なミスの潰し合いが続き、2-2のまま延長後半終了まで残り20秒。

このままPK戦という雰囲気の中、左サイドでネトがボールを持ち、この試合終始やり合ってきたフェルナンダウとマッチアップ。
ネトが左足アウトでパラレラのような形でボールを浮かしてライン際ギリギリでフェルナンダウと入れ替わり、余勢を駆ってそのまま左足を振り抜くと、ボールはファンホの脇を抜けポストを経由してゴールに突き刺さった。

ネトはブラジルが優勝した2008年大会ではメンバーから外れ、2004年大会ではスペインとの準決勝でPKを外し苦杯を舐めている。
単純な縦突破からのシュートかもしれないが、フットサルに必要なスピード、リズム、パワー、そしてここ1番で決めるメンタルが詰まった8年間の想いのあるゴールだった。

残り19秒。
スペインもキャプテンのキケがもう一度ゲームに集中するよう、必死にチームメイトを鼓舞する。
そのキケをゴレイロとして、たった19秒間のパワープレーで2本のシュートを放ち必死に追い上げるものの、濃厚な余韻を残して決勝戦は終わった。

スタジアムを駆け回るブラジル。
それを呆然と眺めるスペイン。

喜びも失望も決勝戦が一番大きいことを敗者の涙が教えてくれていて、選手もファンもフットサルが好きでここにいる。

悔しくて泣いたウクライナ戦。
好きの説得力を教えてくれたリカルジーニョ。
白熊みたいなロシアの大応援団。
清々しいまでに自分たちのスタイルを貫いたコロンビア。
そのコロンビアを一緒に応援したタイのオッサン。
存在に畏怖すら感じたファルカン。

観戦した決勝トーナメントの12試合、メッセージのない試合はなく、世界中の選手やファン、彼らから感じたのは強烈に何かを好きであることが放つ熱量の偉大さだ。

ワールドカップ決勝トーナメントを追いかけた9泊10日が終わる。
ネトが高らかにトロフィーを掲げる姿が強烈に眩しかった。
 
PANO_20121116_192022
PANO_20121118_192058
場内の様子をパノラマで。
IMG_20121118_184643
IMG_20121118_185659
試合前の会場の観客席。
ブラジルサポーターが目立っていました。
IMG_20121118_185716

試合前のウォーミングアップ
IMG_20121118_191349
IMG_20121118_192530

両国の入場。
中央に置かれているのはワールドカップのトロフィー。
IMG_20121118_220247
準優勝に終わったスペイン
IMG_20121118_220503

IMG_20121118_221006
IMG_20121118_221025
IMG_20121118_221031
IMG_20121118_221033
IMG_20121118_221037
表彰後、アリーナを一周するブラジル
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク