2014/12/28(日) 関東1部 第18節 駒沢体育館
FCmm 4 - 3 柏トーア’82
バルドラール浦安セグンド 3 - 1 リガーレ東京
カフリンガ東久留米 3 - 2 ゾット早稲田
ブラックショーツ 3 - 5 ファイルフォックス府中

関東1部最終節。
今年の混戦を象徴する優勝、地域CL出場枠、1部2部入替戦と各ミッションを賭けての直接対決が続いた4試合は、試合開始前の順位が上位のチームが勝利するという、最後の最後に順当な結果で終わった。

フウガがFリーグに参入。
新たにFcmmとNOVO MENTEが昇格し、選手の顔触れも大きく変わった今シーズン。

サイズと抜群のボディバランスをベースに、剛柔の判断が素晴らしい、希少になったPivoらしいPivoのNOVO MENTE次田選手。
小柄ながら抜群のクイックネスを武器に軽快にフロアを駆け抜けたFcmmのレフティー田中選手。
長身痩躯に端正なルックスで今後のフットサル人気を引っ張る可能性を感じさせるセグンドの野村選手。
ゴール前の落ち着き、セオリーとセオリー外のプレーを選択する判断の良さ、選択したプレーを確実に実行するボールタッチと非常にバランスが取れたファイルの佐藤選手。

そんな新星に引っ張られるように各チームのベテラン達も気を吐き、今まで抜群の技術を披露するものの淡白な印象もあったゾットの米谷選手が鬼気迫るスーパーゴールを重ね、
優勝の懸かった終盤、カフリンガの垣本選手は見事な気合とインサイドワークを見せた。

そんな新陳代謝が混戦を生んだ今シーズンは、選手が大量に入れ替わった中でもフロアを大きく使ってのボール回しと、相手を広げてから中を使う動きが素晴らしい、洗練されたフットサルを披露したファイルフォックスが8年ぶりに制した。

2位に勝ち点1差に詰められてからの最後の2試合は吉成選手兼監督がイエローカードの累積でベンチ外。
そんな中でも関東初挑戦になる若者達は、要所を見て得点を重ねる集中力と勢い、相手の気を削ぐ冷静なキープと懐の深さを披露し、終わってみれば6-2、5-3と痛快な2連勝でカラッと優勝を浚って見せた。

師はいなくても弟子は育つ。
魚を与えるのではなく、魚の採り方を丁寧に教え、各自によくチームの価値観を理解させていただろう吉成選手兼監督。
優勝の胴上げでは、最後に高く上げてから受け止められずにフロアに落とされ足蹴にされるいかにもなお約束を受けた誰からも愛される32歳のベテラン。

引退する。
Fリーグで選手を続ける。
Fリーグで采配を振るう。

2006年の優勝メンバーのそれぞれがそれぞれの道を進む中で、2014年の今、選手兼監督としてこの人はこの人のやり方でフットサルと関わり後進を育てている。

2006年では選手、2014年では選手兼監督。
うつ伏せで大の字になり、今、何を感じ、何を考えているんだろう。
好きなことを続け、その時の立場で青春を重ねる姿に素直に羨ましいと思う。
そういう風に感じるファンはきっと沢山いるはずだ。

自分にもあったんだかなかったんだかわからない青春みたいなものを追体験させてくれるのが関東リーグの魅力だと思っています。
素晴らしい混戦で盛り上がった2014年。
来シーズンも青春みたいな素晴らしい物語を楽しみにしています。

◆最終順位
1:ファイルフォックス府中 勝ち点32 
2:カフリンガ東久留米 勝ち点31 
3:ゾット早稲田 勝ち点28
4:バルドラール浦安セグンド 勝ち点27 
以上地域チャンピオンズリーグ出場
5:ブラックショーツ 勝ち点24
6:リガーレ東京 勝ち点23 
7:FCmm 勝ち点22 
8:柏トーア’82 勝ち点18 ⇒ 入替戦へ
9:NOVO MENTE 勝ち点1 ⇒ 2部へ降格

◆得点王
米谷悟(ゾット早稲田) 20得点

◆優秀監督賞
新造邦明(バルドラール浦安セグンド)

◆ベスト5
渡辺博行(ゾット早稲田)
次田啓示(NOVOMENTE)
岡田彬伸(バルドラール浦安セグンド)
米谷悟 (ゾット早稲田)
瀬戸真司(ファイルフォックス府中)

100
099
098
097
096

095
094
093
092

091
090
089
088
087
086
085