2013/08/31 AFCアジアフットサルクラブ選手権 準決勝 オーシャンアリーナ
名古屋オーシャンズ(日本) 2 - 3 サナティ・ギティ・パサン(イラン)
チョンブリ・ブルーウェーブ(タイ) 5 - 2 深セン南嶺鉄狼FC(中国)

一昨年の同大会を制し、昨年から無配記録を更新していた名古屋が準決勝で敗退。
普段は絶対王者として判官贔屓の観客からいまいち応援されない名古屋も、この日はホームチームとして、日本代表として熱い声援を集めた。

名古屋先制もイラン代表のパサンが逆転。
後半32分に森岡選手の強シュートのこぼれ球にキャプテンの吉川選手が突っ込んで同点。
最後は40分間で決めようと前掛かりになったところをカウンターから手堅く決められて逆転負け。

普段は勝負に淡白な名古屋が目の色を変えて4人全員で決勝点を取りに行って絵に描いたようなカウンターでの失点。
ホームでホームチームが決勝に進めないのはなんとも残念で、おおよそプロチームらしくないやられっぷりだったが、ファンとしてはいつもと違うこだわりみたいなものを観れたのがなんとも嬉しい。
 
やっちまっとばかりに下を向く選手達に暖かいコールを贈るサポーター。
悔しいって思えること、リベンジする舞台があることは選手もファンも幸せだろう。
切れた記録は明日からまた築いていけばいい。
1勝の重みを知った名古屋はきっともっと強くなるはずだ。

準決勝のもう一山はタイ代表のチョンブリが前半に一挙5点を挙げ、昨年まで名古屋を率いたアジウが指揮を執る中国代表深センを一蹴。

チョンブリはブラジル人のNo4ペナンシオをフィクソに置いたボール回しが素晴らしく、パスを捌いたアラがナナメに抜けると見せかけて中央でストップor抜けきってピヴォにいた選手が落ちてくる動きを繰り返し、相手に取りどころを絞らせない。
 
相手の体と頭を疲れさせ、プレスが弱まったところに中央に入った選手が突破、もしくは対角への正確なロングボールで簡単にシュートチャンスを作ってしまう。
各選手もテクニックが高く、No7、8、9、16の緩急織り交ぜたドリブルはなんとも小気味良い。

要所をベテラン、外国人助っ人が締め、攻めは基本の戦術をベースに才気溢れる若手の想像力を活かす。
タイのダークホースにすぎなかったチョンブリをここまで魅力的なチームに変えたスペイン人のパソス・メンデス監督の手腕は計り知れない。

昨年のワールドカップでは個のテクニックにこだわりにこだわってベスト4まで進出したコロンビアに驚いた。
国際大会には様々な個性を持ったチームが、理由のあるスタイルと、説得力がある勝ち方で観客を魅了する。

相手を能動的に崩すムーブ&パスワーク、横一列のキックインと、縦一列のコーナーキックを高精度で使いこなすセットプレーと、これでもかとばかりに洗練されたチョンブリは、なんともスペイン風味ですっかり見蕩れてしまった。

国。選手。監督。
チームのあり方はある意味、哲学みたいなものなのだろう。
明日の決勝、名古屋が敗退したのは残念だが、オーシャンアリーナで語られるチョンブリの講釈が非常に楽しみだ。

100
099
098

097
096
095