2013/8/17(土) 関東1部 第6節 墨田区総合体育館
カフリンガ東久留米 1 - 5 ブラックショーツ 
ファイルフォックス府中 2 - 1 アルティスタ埼玉 
リガーレ東京 2 - 2 バルドラール浦安セグンド 
フウガすみだ 4 - 2 ゾット早稲田

ファイル対アルティスタが毎年面白い。

2011年最終節。
ファイルは優勝、アルティスタは降格の可能性がある中、壮絶な打ち合いを6-5で制してアルティスタが勝利。
2012年も引き分け&ファイルの1点差勝利と、常に接戦で終盤のパワープレーを含めたシーソーゲームは熱戦であり粘戦だ。

この日も前半6分にファイルのゴレイロ三浦選手が退場。
後半37分。1-1の同点でファイルが勝ち越しを懸けたパワープレー中に大ベテランの岩田選手が退場と波乱の展開。
このシチュエーションでのフットサルのセオリーを考えるなら、退場のペナルティキリングで1人少なくなる2分間をひたすら守って、残り1分から再度のパワープレー。

ボックスでパスを回すアルティスタとトライアングルで守るファイル。
真綿で首を絞める展開を会場が固唾を飲んで見守る中、アルティスタのパス回しが乱れた隙を見逃さず、田村選手がカットに向かう。
ボールがお互いの足元を交差し、イーブンになったボールをクリアするのかと思いきや、2人のDFの間をドリブルで強引に突っかけた。
ここでのドリブルはないと踏んでいたアルティスタDFが、後半6つ目のファウルで田村選手を倒しファイルが第2PKを獲得。

俺が蹴るオーラ剥き出しでボールを掴む田村選手。

必死のディフェンスと、強引なドリブルで上がった息も納まらぬ中、左胸の6番を握り締めてから右足を振り抜くと痛快に豪快にネットが揺れた。

喝采のスタンド。
両手を広げて駆け回りながら歓喜の雄叫びを上げる田村選手。
コンスタントに試合に出場するようになってから2年目の若者が、人数減の2分間をひたすら凌ぐという定石を破り、勝利を掴んでしまった。

ルールを疑う。
常識を破る。

感動的な物語や、革新的な製品は大抵そういう中から生まれる。
上手い、速い、そんな選手は沢山いるけど、コイツは何かやってくれるんじゃないかって期待感を抱ける『凄い』選手はほんの一握りだ。

熱。姿勢。狂気。憧れ。凄味。カリスマ性。

そんな言葉が代名詞になる日本フットサル界を引っ張った巨星が引退し、黄色に黒字の6番を襲名した若干21歳の田村選手。

どれだけ常識を破れるか。

センチメンタルを痛快なプレーで塗り替え、新しい6番の魅力を存分に見せつける凄い選手になってほしい。

1093805_371784172924410_8444860_o