2015/8/16(日)第25回バーモントカップ 全日本少年フットサル大会 決勝 駒沢オリンピック公園体育館
◆準々決勝
マルバ千葉fc U-12 5-3セレッソ大阪 U-12
マルバ茨城 fc U-12 2-5 ブリンカールFC
◆準決勝
マルバ千葉fc U-12 3-2 FCバレンティア
ともぞうサッカークラブ 2-5 ブリンカールFC
◆決勝
マルバ千葉fc U-12 3-5 ブリンカールFC

真夏の12歳以下最強決定戦の決勝戦は本命マルバ千葉U-12と、予選リーグをワイルドカードで勝ち上がってきた愛知県代表の伏兵、ブリンカールFC。

マルバ千葉は8番の小室選手が底からドリブル、パスを織り交ぜてプレスをかわしてゲームを作り、守備もガッツリ食いつくエースの仕事を見せる。
交代メンバーも含め全教科の偏差値が高いフットサルを見せるマルバ千葉に対し、ブリンカールFCはスタートの4人をひたすらに引っ張り、個性的なドリブルと玉際の強さ、チョン・ドンを多用するこの年代ではそうそう見ないセットプレーのバリエーションで対抗する。

試合は大舞台の波に乗ったブリンカールFCが前半に2点を先行。
後半12分にマルバ千葉が1点を返すも、後半14分にGKの中山選手が坪谷選手との接触プレイで負傷退場。
その後は本来FPの大畑選手をGKに沿えて試合に挑み、試合終了間際の後半19分(本大会の決勝戦は10分ハーフ)にその大畑選手がフリーキックをズバリと突き刺して同点という少年マンガのような展開に、会場に集まったいい大人たちは大いにヒートアップした。

3分ハーフの延長戦はマルバ千葉のエース、小室選手が蹴り込んで3-2と勝ち越すも、負傷から頭にテープを巻いて戻ってきた坪谷選手が取り返し、ブリンカールFCもしぶとく追い縋る
延長前半の終盤、押し込み返すマルバ千葉が5ファウルで2本の第2PKを得るも、ブリンカールFCの守護神、武井選手が勝ち越しを許さない。

延長後半残り1分。
カウンターから抜け出してGKと2対1になった坪谷選手が小学生とは思えない落ち着きで加藤選手へ冷静に優しいパスを通し、これをインサイドで決めてブリンカールFCが3-4と勝ち越し。
最後は135cmの身長ながら独特のドリブルとセンスが光った奥野選手が素晴らしいミドルを突き刺し、テレビで見たどこかのスターを真似て両手の人差し指を天にかざす。
同世代が意地を張り合い、大人顔負けの熱戦を繰り広げた2013年の名古屋VSすみだの全日本決勝を彷彿とさせる死闘は美しいカーテンコールを迎えた。

教科書通りのマルバ千葉と、セオリーよりも自分達の得意なプレイをトコトン突き詰めたブリンカールFC。
準決勝でマルバ千葉に敗れた和歌山代表のFCバレンティアはハーフタイム、タイムアウト時もコーチが選手に指示をせず、選手達がお互いに話し合い、試合に挑んでいた。

夏休み。
田舎に帰省すると普段の自分の価値観とは異なる場面に遭遇する。
遊び。食事。言葉。時間の速さ。
そんなことを体験しながら、それまでの自分の経験では語れない世界があることを知り、他人と違う自分を認識することで自分らしさを確立していく。
少年時代に過ごす夏休みはそんな成長のヒントや気づきが沢山つまっている。

48都道府県の価値観がぶつかり合い、邂逅する。
大人は理想と正解を欲しがり『フットサルらしさ』というなんだかよくわからないものを求めがちだが、自分の異なるものに出会い、考え、成長し、喜怒哀楽を感じることにこそこの大会の価値があるのではないだろうか。


9年目のFリーグの窮状を見ても日本フットサル界の未来は決して明るくなく、真夏に輝きを放った選手達にフットサルに軸足を置くことを勧めることには抵抗がある。
フットボール界での密度の濃い競争とパブリックな意味での成功は依然として11人制のサッカーにあり、残念ながらフットサルとの差は歴然としている。
それでも何らかの理由でサッカーから遠のくことがあったら、夏休みに真剣にボールを追ったこの大会を思い出してくれたらとても嬉しい。

子供は大人になり、大人は忘れていた自分が夢中になったものを思い出して子供に帰る。
素晴らしい夏の思い出をくれた少年少女達に心からありがとうと言いたい。

◆JFATV 決勝戦のフルマッチ映像
https://www.youtube.com/watch?v=c0i-69II6dk

01
02
03
会場の駒沢オリンピック公園体育館。
観光に訪れても面白い開放感のあるいい公園です。
05
06
04
07

08
09
10
11
個人能力抜群のアタッカー、セレッソ大阪U-12のNo10下川選手と、セーブ、安定感のある足技を見せる同No1内田選手
12
両チームのエース、No10下川選手とマルバ千葉No8小室選手。
この日はフットサルのディフェンスで上手く抑えた小室選手に軍配
13
14
15
16
17
18
敗戦後の下川選手。トップチーム入りも十分ありえるタレントの涙。
サッカーチームの彼がここまで感情を見せてくれることに大会の意義があったのでは
19
20
21
22
33
完成度の高いマルバ茨城を破ったブリンカールFC。
身長135cmながらドリブルとセンスで抜群の存在感を見せるNo10奥野選手
23
24
準決勝のブリンカールFCとともぞうサッカークラブの一戦。
予選リーグではともぞうサッカークラブは3-2で優勝したブリンカールFCを降しています
25
好セーブを見せたブリンカールFCの守護神、武井選手
26
27
FCバレンティアのNo11吉川選手。身長133ながらベスト5に選ばれる活躍を見せました
28
FCバレンティアのタイムアウト。
コーチは関与せず、選手のみでゲームプランを考えています
29
マルバ千葉のタイムアウト
30
同じくブリンカールFC
31
同じくともぞうサッカークラブ。タイムアウトにも準決勝に進んだ各チームのカラーが出ています
32
34
35
準決勝で敗れたともぞうサッカークラブのゴレイロ、No1犬飼選手。
36
37
38
決勝戦。ブリンカールFCの応援団の迫力が素晴らしいです
39
41
左右両足を使うブリンカールFCのNo7加藤選手。
40
ブリンカールFCは試合のほとんどを4名の選手だけで廻しました
42
43
44
45
ベスト5にも選ばれたマルバ千葉のNo10田中選手。
2点のビハインドからゲームを動かす得点を決めました。
46
後半14分。坪谷選手との接触プレイで退場するマルバ千葉のゴレイロ中山選手。
47
48
頭にテープを巻いてフロアに戻った坪谷選手
49
50
51
急遽入った代役のゴレイロ、No7大畑選手がフリーキックを直接突き刺して同点!!
52
2本の第2PKを外したマルバ千葉。
このカテゴリーでは難しいプレイかもしれません。
53
54
延長戦へ。
55
56
ブリンカールFCのゴール後。
ゴールをしても感情を表す選手が少ないなか、彼らの絵になるゴールパフォーマンスが印象的でした。
57
58
59
60
61
62
63
64
試合終了後、嬉し涙と悔し涙
65
67
68
ベスト5
マルバ千葉 小室選手、田中選手。
ブリンカールFC 武井選手、奥野選手。
FCバレンティア、吉川選手。
69
3位のFCバレンティア
70
同じく3位のともぞうサッカークラブ
71
準優勝のマルバ千葉
72
優勝のブリンカールFC
73
75
76
77
78
79
80
81