kuma45c

Futsal Philosophy (フットサル・フィロソフィー)

2013年05月

25 5月

2013/5/25(土) 第29回全国選抜フットサル大会 関東予選 準決勝・決勝 立川市泉市民体育館 『好敵手は理解者』

2013/5/25(土) 第29回全国選抜フットサル大会 関東予選 準決勝・決勝
立川市泉市民体育館
◆準決勝
東京都選抜 2-1 千葉県選抜
茨城県選抜 0-7 神奈川県選抜
◆決勝
東京都選抜 4-3 神奈川県選抜

関東のフットサルをリードする東京と神奈川が決勝で激突。
底から繋ぎ、詰まったら大きく蹴る柔軟性も持った東京。
前プレ&ショートカウンターと底抜けの明るさで押す神奈川。

往々にして実現しなかった鉄板カードの決勝戦は、試合順序の関係で準決勝からの休憩時間が2時間少ない神奈川がリードする展開。
ベンチを含めひとりひとりが声を出し、疲労を感じさせないプレスとボールを取ったらボールホルダーを両側から追い越す3人速攻をひたすら繰り返す。
前半を1点リードで折り返し、後半36分に田口選手の閃きで勝ち越すも、最後は進境著しい中村選手、岡山選手のFUGA若手コンビの連続ゴールに敗れたが、トコトン走って、攻めも守りも躊躇わずにスライにいける神奈川以外では無名の選手達の一丸とした清々しさは見事だった。

好敵手という言葉が示すとおり、敵は自分の理解者だったりする。

勝っても負けてもしれっとしたリアクションだったりする選抜大会だが、心底悔しがる神奈川選抜と、満足げな笑顔が咲く東京選抜。
今年は関東から全国大会に進めるのが1チームだけなのがなんとも残念だが、この2チームがここに懸けてたものの大きさが見れてなんとも嬉しかった。

20130525_099


11 5月

2013/5/11(土) 第29回全国選抜フットサル大会 関東予選 準々決勝 立川市泉市民体育館 『役割と姿勢』

2013/5/11(土) 第29回全国選抜フットサル大会 関東予選 準々決勝
立川市泉市民体育館
◆1回戦
栃木県選抜 3-9 東京都選抜
群馬県選抜 0-5(不戦勝) 千葉県選抜
茨城県選抜 3-2 埼玉県選抜
神奈川県選抜 5-1 山梨県選抜

毎年本命と目されるも過去2年1回戦で敗退していた東京都選抜が3年ぶりに勝利。
2-0とリードするも前半終了間際の連続ゴールで同点に並ばれ、ベンチが静まり返る嫌な雰囲気で前半終了。
後半早々、そんなムードを振り切るような田村選手の強烈ミドルでリードを奪うと、その後はコートを広く使ってゴールラッシュを続け9-3で勝利。
気がつくといつも通りゴールを決めている宮崎選手、関東リーグでも存在感を増す若手の中村選手、岡山選手、田村選手の躍動が目立ったが、後方からチームを落ち着かせる夏野選手、西野選手のベテラン勢が要所要所で上手く手綱を引いた。

神奈川県選抜は個性的な面々をチームリーダーの大場選手が持ち前のノリで引っ張り、山梨県選抜を振り切る。
5ゴールを挙げた攻撃も勿論だが、山梨が誇るテクニシャン渡辺彰太・祐太選手にタクトを振るスキを与えないプレスが光った。
準決勝、決勝は1日2試合の連戦だが、2戦とも今日のクオリティーを出せれば優勝に一番近いのはこのチームだろう。

ここ数年、PUMACUPの関東予選で印象的な試合をするデルミリオーレクラウド高崎のメンバーが中心で、今年はFリーグの花巻、大分で活躍したチーニョもクラウドに加入し、選抜のメンバーにも名を連ねていた群馬県選抜。
豪華なメンバーを揃えながら、代表者が試合当日の代表者会議に遅刻したという理由で不戦敗になったことがとにかく残念だ。

練習、試合だけでなく運営を含めて社会の縮図が詰まってる。
目標を、夢を、愛情を姿勢で示すのが組織のトップの役目のはずで、相手の千葉県選抜は関東1部の柏を中心にした、実力を試すには文句のない相手だった。
期待が大きかっただけに、ひとりひとりが成長できる機会をどんな風に考えていたのかと思うと、とにかく残念でならなかった。
 
20130511

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ