kuma45c

Futsal Philosophy (フットサル・フィロソフィー)

2014年08月

31 8月

2014/8/31(日) 第1回全日本ユース(U-18)フットサル大会 決勝戦 大田区総合体育館 『挫折』

2014/8/31(日) 第1回全日本ユース(U-18)フットサル大会 決勝戦 大田区総合体育館
◆3位決定戦
野洲高校 3 - 8 藤井学園寒川高校
◆決勝
名古屋オーシャンズU-18 2 - 3 聖和学園FC

3日前の予選リーグ2回戦では7-1で名古屋に後れを取った聖和学園。
2度目の対戦になった決勝戦では大方の予想に反し、聖和学園の変態的なドリブラー達がフットサルの文脈を知り尽くした名古屋をフットサルとは似て非なるスタイルで降した。

名古屋のコーナーキック。
聖和学園がY字に構えず棒立ちでボールを見ているところを、ファーとニアからダイレクトに合わせたフットサル的なセットプレーで名古屋が得点を挙げれば、聖和学園は選手の距離感を極端に短くした密集陣形からドリブルで食い付かせてできたギャップを使って冷静にゴールへ流し込む。
決勝点は名古屋の不運なハンドによって得たPKによるものだったが、聖和学園のドリブルに対しディフェンスラインを下げて対応していた局面だったので、アンラッキーという一言では語れない。

決勝点を取ってすぐの聖和学園のタイムアウト(このタイムアウトを利用して名古屋がパワープレーの準備をし、聖和学園はパワープレー対策のタイムアウトを取れなくなった)や、パワープレー中にボールをキャッチしたゴレイロがボールを投げて名古屋のゴールに入れるなど、おおよそフットサルを知らない彼らは、トコトンまで研磨したドリブルだけを頼りに日本唯一のプロチームの卵を降してしまった。

アップセットにひたすらにはしゃぐ聖和学園の選手達を、涙を浮かべ唇を噛んで見つめる名古屋の面々。

下馬評、恵まれた環境、費やした時間も時には結果に繋がらず、ひとつしかない武器でも、タイミングや局面でのチョイスを間違わなければ破格の結果を残せる。
何が正解だったかを教えてくれるのは常に結果だけだ。

結果を出すことが唯一の存在証明である彼らが残せなかった結果。
どうしても欲しかったトロフィーを掲げているのは、その価値がどれだけのものかを理解しているのかわからない、普段はサッカーを主戦場にしている選手達だった。

フットサルプロパーチームである名古屋が負けた悔しさは私にもある。
ただ、聖和学園も自分たちの武器であるドリブルを横40m/縦20mのフットサルのピッチで活かすにはどうすればいいかを考え、工夫をして挑んだはずで、短い時間であれフットサルに向き合い、課題提起してくれたことがとても嬉しい。

どんな名指導者も教えられない挫折を知った名古屋のこれからと、聖和学園をはじめとして全国に眠っているフットサルを始めたら面白そうな選手達の物語に、大いに想像が膨らむ素晴らしい大会だった。

01
02
03
04
05
06
07

30 8月

2014/08/30(土) 第1回全日本ユース(U-18)フットサル大会 準々決勝・準決勝 大田区総合体育館 『プロへの道』

2014/08/30(土) 第1回全日本ユース(U-18)フットサル大会 準々決勝・準決勝 大田区総合体育館
◆準々決勝
名古屋オーシャンズU-18 7 - 1 作陽高校
野洲高校 2-1 クラーク記念国際高校
◆準決勝
名古屋オーシャンズU-18 4 - 2 野洲高校

日本唯一のプロフットサルチーム、名古屋オーシャンズのユースチームが、日本初となる全国規模のユース大会の初代王者へあと一勝に迫った。

17歳ながら十分な体躯で自陣にどっしりと構え、機を見て前線にも顔を出すNo5.キャプテン北野選手の風格に驚き、172cm54kgの痩身を駆ってピッチの損益分岐点を抑えるNo6.水谷選手はかつてトップチームに在籍していた上澤選手を彷彿とさせた。

J2、J3、社会人とパイは限られるものの、各自が能力、プライオリティを選択できるサッカーと違い、プロへの道が限られているフットサルで生活と競技の両立は避けて通れない。

社会人になるけどフットサルを続けるか。

漠然とした不安にいつか答えを出さなければならない中で、名古屋オーシャンズU-18の彼らだけが
『ここで頑張ることがプロに繋がる』
というシンプルで超強力な答えを持っている。

1チームが保持するには破格のオーシャンアリーナ。
圧倒的な競技力で繋げてきたFリーグ7連覇。
プロとしての報酬。

日本唯一の環境で結果を出し続けるトップチームをすぐ側で見ることで、プロになるための、プロであるための自分の存在証明が何なのかをまだあどけない顔を残す彼らは学んでいる。

明確な目標が可能性を伸ばす。
自分の夢を果たすためにすべきことを現実的な距離感で理解しているのはきっと彼らだけだ。

日本フットサル界の宝箱、名古屋オーシャンズU-18。
サッカーよりフットサルを選び、作陽高校、野洲高校と全国的なサッカー強豪校を一蹴した彼らには、決勝でもこの試合の先にあるものを見せつけるような圧勝を期待している。

01
02
03
04
05
06
07
 
20 8月

2014/08/20(水) Fリーグ 第10節 墨田区総合体育館 『お互いの価値』

2014/08/20(水) Fリーグ 第10節 墨田区総合体育館
フウガドールすみだ 2 - 3 名古屋オーシャンズ

アウェー2連戦でコンディションの落ちる名古屋を相手に、前節湘南を沈黙させた前プレで追い込むすみだと、僅かな綻びを異能のタレント達が得点に繋げる名古屋。
名古屋が先行し、すみだが追い駆ける2013年全日本の決勝とは逆の展開になった黄金カードは、水曜日20時開催による集客が危ぶまれたものの、フタを空けてみれば立ち見を含み1,462人観客を集め、彼らの目を釘付けにした。

1人1人がこの相手と競い合うこと、意地を張り合うことの価値を知っていて、自分が好きなもの、賭けているものでこの相手に勝ちたい。

プロ対アマチュア。
日本フットサル界の黄金カード。
2009年、2013年の全日本決勝戦のネクストストーリー。

すみだのプレスが甘くなった後半36分に千両役者のペドロコスタがここしかないコースにミドルシュートを突き刺して名古屋が競り勝ったが、外野が勝手に決めて枠に押し込もうとしていたどんな物語よりもシンプルで熱く、清々しいほどに剥き出しの意地を見せ合った素晴らしい40分間だった。

伸び悩む観客動員数。
唯一のプロチームである名古屋の7連覇。

目を向ければいくらでもネガティブな話題の出るFリーグ。
何を変えればいいのかという話題は出尽くしていて、結局は地上派放送での露出が足りないなんて結論になっていたりする。
地上派放送が特効薬なのはもちろんだが、私はワンプレーに喜怒哀楽を出し合った今日の試合を宝物のように感じていて、こんな試合が続いていけば少しづつ観客は増え、一般層を巻き込む波が起きるのではないかと思っている。

試合終了後の拍手が鳴り止まない。
次の試合への期待を観客のひとりひとりがきっと感じている。

これからのFリーグの可能性の尻尾みたいなものを確かに見た今日の試合。
剥き出しの喜怒哀楽を見せてくれた名古屋オーシャンズとフウガドールすみだに心からありがとうと言いたい。

01
02
03
04
05
06
07
08
8 8月

2014/8/8(金) Talking About Football Vol.018 元日本代表フットサル選手 市原誉昭 原宿mf 『賢者の視線』

2014/8/8(金) Talking About Football Vol.018 元日本代表フットサル選手 市原誉昭 原宿mf

南米テイスト溢れるフットボールカフェ、原宿のmfで行われた元日本代表フットサル選手の市原誉昭さんのトークショーに行ってきました。

小学校卒業後、三浦知良選手の言葉を頼りにブラジルに渡り8年を過ごし、帰国後、いくつかのサッカーチームでプレー。
フットサル転向後はプレデターで躍動。
日本代表のキャプテンを努め、遠征先のブラジルでのプレーが認められプロフットサル選手として再びブラジルへ。
帰国後はFリーグの浦安、町田、湘南で活躍し、昨シーズン惜しまれつつ現役を引退。

ピッチにどっしりと構え、俯瞰の視野で相手のエアポケットを探し、ベテランの味と凄味でチームを落ち着かせる大人な選手。
私はパブリックな経歴と、Fリーグ後の市原選手しか知らない。
その市原選手が語る10代から20代前半のどうしようもない青春時代の話に大いに驚いてしまった。

ブラジルではサッカーのプロ選手になれなかった。
Jリーグ入団りを目指し、8年振りに日本に帰国するもJ1・J2のチームには入れず、JFLのチームに入団が決まるも、そのチームの地元に引っ越しをしたその日にクビになった。
異国に転機を求めたポルトガルでは代理人詐欺にあった。

フットサル転向後の活躍は華々しいものの、ワールドカップにはトコトン縁がなく、2000年はあと一歩で予選敗退。
2004年は大会直前にケガ。
2008年は2ヶ月前にベテラン枠で選出されるも、最後は選から漏れた。

好きなことを頑張って、結果が出ないのは辛い。
それでもサッカーで、フットサルでご飯を食べられるようになりたいという夢を叶えるために頑張るメンタルの強さ。
なぜそこまでメンタルが強いのかという問いに、

『メンタルが強い選手なんていない』

と市原選手は答えた。

『結果が出ないのは確かに辛い。
ただ自分は幸運にも悪い事を引きずる性格じゃなかったし、結果が出ないこと、弱かった自分を受け入れて、頑張り続けることしかできなかった』

・・・壁には市原選手が所属していたチームと、思い入れのあるユニフォームが飾られていた。
その中のひとつ。
2004年フットサルワールドカップ直前にケガをした市原選手に、ワールドカップに出場した選手たちから贈られたサイン入りのユニフォーム。

No.1 GK 川原 永光
No.2 FP 鈴村 拓也
No.3 FP 前田 喜史
No.4 FP 小宮山友祐
No.5 FP 比嘉リカルド
No.6 FP 難波田 治
No.7 FP 金山 友紀
No.8 FP 藤井 健太
No.9 FP 小野 大輔
No.10 FP 木暮賢一郎
No.11 FP 相根 澄
No.12 GK 定永 久男
No.13 FP 高橋 健介
No.14 GK 石渡 良太

市原選手が熱望したワールドカップに出場した14人のサイン。
フットサル黎明期を駆け抜け、この人ならコレ、というのが凝縮された14人は、驚くべきことに半数以上がまだ現役を続けていて、今もそれぞれが何かを目指し、それぞれに頑張り続けている。

プレースタイル。メンタル。エネルギー。キャラクター。
1人を掘り下げた物語が語られることが非常に少ないフットサル。

昔話をひとつづつ思い出すようにユニフォームを見つめる市原選手の瞳は優しく、深く、澄んでいて、いつかこの14人がそれぞれに頑張り続けた物語を聞いてみたい、そんなありそうでありえなさそうな想像にふける素晴らしい時間でした。

◆mfのフライヤー
http://mf-tokyo.com/blog/?p=6508

◆市原誉昭さんの経歴
http://blog.qandasports.com/post/104311148576

03
02

01

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ