kuma45c

Futsal Philosophy (フットサル・フィロソフィー)

2016年06月

18 6月

2016/6/18(土) Fリーグ第2節 郷土の森府中市立総合体育館 『トップランナーの言葉』

2016/6/18(土) Fリーグ第2節 郷土の森府中市立総合体育館
府中アスレティックFC 5 - 4 バルドラール浦安

Fリーグ開幕戦となった湘南との対戦に3-1で勝利したものの、湘南のロングボールを多用したオフェンスについてFPの成長の機会を逸し、ひいては日本フットサル界の発展に繋がらないという発言をした府中の谷本監督。
賛否両論あったこの発言だが、個人的にはベテラン選手に対して弱味を見せないように神経質になってるように見えた監督が堂々と自己主張するようになったという変化に非常に感じ入るものがあった。

Fリーグ、オーシャンカップ、全日本の日本3大タイトルを獲得したことがあるFリーグの監督は、すみだの須賀監督(2009年の全日本)、町田の岡山監督(2016年の全日本)、府中の谷本監督(2015年オーシャンカップ)の3人だけであり、名古屋のペドロコスタ監督や大阪の木暮監督にもない実績を彼らは持っている。
 
フットサル界は政治やプロレスと同じく、同じメンツが定期的に離散集合する狭い世界を固定化したファンが支える構造なので、勇気がいるとは思うものの煽って煽られては定期的にだれかが発信していくべきだし、トップランナーは使命感や義務感、穿った見方をすれば自分に酔って批判されてこそだろう。


試合は昨年までの4人×2セットの固定的な回しではなく、要所で突破でアクセントを作る岡山選手や、独特のシュートセンスを持つ三井選手をフロアに送り、機動力のある関選手がボールを引き出す動きを見せるなど、ピヴォ当て一辺倒ではない攻めを見せ、前半を4-2で折り返す。

後半、流動的な崩し、フィジカルの強い深津選手へのロングボールからの一発で浦安が4-4と追いつくも、後半37分にコーナー角からの浦安のキックインをねちっこく追い込んでミスを誘い、最後は皆本選手が豪快に蹴り込んで浦安とのシーソーゲームを5-4で制した。

ワールドカップ出場権がかかった今年2月のAFC惨敗後、4月に行われたベトナム、ウズベキスタンらのアジアのライバルとの代表戦ではコーチとしてスタッフ入りし、その後スペインに留学。

何かを感じて、話す言葉が変わる。

その過程に価値があり、そういう変化はファンとして非常に面白く、変化の過程にある人がフットサルを通して何を伝えたいか、ということにとても興味がそそられる。

実力が認められるまでは周囲は無関心であり、結果を出して認知され、称賛され、その後は周囲の期待値が上がるので批判されることが増える。
 
こんなこと言っていいのかを跳ね返していくことが力になるはずで、それで飯を食えるようになってほしいし、固定化したファン層を越えて興味を持たれる言葉を発していってほしいと思う。
 
Futsal-Philosophy Facebook
 
DSCN2048
昨年所属した大連(中国)でAFCに出場するため7月末まで離脱する渡邉選手がホームアリーナのファンに挨拶。
過去に在籍し同大会で優勝経験もある日本代表の名古屋との対戦はあるか。
DSCN2051
アリーナを盛り上げる府中のチア、アスレファンタジスタ。
人数も増え、キレキレの動き。
DSCN2076
DSCN2102
昨年3大タイトルのオーシャンカップを制した府中の谷本監督。
ピヴォ当て、固定メンバーでのセットの昨期から、今シーズンはクアトロ、オプションを活かした選手交代を見せる。
今シーズンは年度スローガンの通り「Progress」な1年を見せるか。
DSCN2058
「浦安が強いと言うことは日本のフットサルが強くなると言うことだ」という素晴らしいスローガンを掲げた浦安の米川監督。
深津選手、小宮山選手、荒巻選手を軸にした組み立てで最後までシーソーゲームを演じた。 
DSCN2111
昨シーズン出場時間を延ばしたNo6関選手。
クアトロに取り組む府中では機動力を活かして中央に侵入する動きは貴重。
DSCN2112
DSCN2110
ドリブルでの仕掛けと、独特なシュートセンスで不動のセットへの食い込みを目指すNo11岡山選手とNo18三井選手。
バランスが崩れていても強引に足を畳んでシュートに持っていく三井選手は見ていて非常にワクワクするピヴォ。
DSCN2078 
DSCN2117
 府中の勝利には欠かせない攻守のエース、No96クロモト選手と、No5皆本選手。 
DSCN2066
DSCN2067
フィジカルを活かしてロングボールを納めて2ゴールを挙げたNo4深津選手と、今期ブレイクが期待されるNo17大橋選手。
手でシューズの底を拭うしぐさは諸先輩方の影響か。
DSCN2081
こちらもブレイクが期待されるピヴォ、No20野村選手。
まずはシュートの本数を伸ばすところからか。
DSCN2082
試合前に談笑する浦安のNo5小宮山選手と、皆本選手。
DSCN2087
アシスト、ゴールに繋がるパスと存在感が光ったNo7中島選手。
DSCN2089
DSCN2091
DSCN2092
ベテランの横に座って薫陶を受ける浦安の若手勢。
主力が抜けた浦安は若手の経験値アップが欠かせないものの、ベテラン勢も非常に元気。
DSCN2124
攻守で全力の1対1を見せるNo8加藤竜馬選手。
今後の日本代表でも期待大。
DSCN2125
シーズン序盤は忙しくなりそうな浦安のゴレイロ、No12藤原選手。
DSCN2128
セット、ファウル数、残り時間などの試合の見所をバスケットボールの引用を踏まえつつ、非常にわからいやすい解説で熱戦を盛り上げた府中のMC。熱戦を盛り上げた影のMVP。
DSCN2137
DSCN2142
ホーム開幕戦を白星で飾った府中。
狭い体育館にギュッと詰まった雰囲気の良さはこのアリーナならでは。 
11 6月

2016/6/11・12(土・日) Fリーグ第1節 国立代々木競技場第一体育館 『10年間の思い出』

2016/6/11(土・日) Fリーグ第1節 国立代々木競技場第一体育館 『』
エスポラーダ北海道 0 - 3 名古屋オーシャンズ
ペスカドーラ町田 3 - 4 デウソン神戸
フウガドールすみだ 9 - 0 アグレミーナ浜松
ヴォスクオーレ仙台 2 - 5 バサジィ大分
シュライカー大阪 6 - 4 バルドラール浦安
府中アスレティックFC 3 - 1 湘南ベルマーレ

今年2月のワールドカップ予選で史上最強との呼び声の高かった日本代表を率い惨敗。
3月に離日したミゲル・ロドリゴ元日本代表監督が再来日し、関東近郊で開催されている一般人を対処とした市価2~3倍のクリニックが大盛況だ。

正直、失意の離日から2ヵ月後によく来たなと思うし、石を投げるファンもひとりくらいいてはいいのでは思うが、フットサルファンのリアクションを見ると『フットサルの普及に尽力する気さくな元日本代表監督』の再来日に疑問を上げる声はなく、結構な歓迎ムード。

2016年初頭のベッキーから三菱自動車、舛添都知事まで、不倫、改竄、偽装、粉飾と何かあればこぞって説明を求めるここ最近の1億総コメンテーターなご時世で『なぜ敗れたのかわからない』というワールドカップ予選敗退の敗因は個人的には到底受け入れらないものだったし、そんな歯切れの悪い敗軍の将を大歓迎で迎えるファンの気質も、ミゲル本人がどんな気持ちで露出するのかも私は正直よくわからない。
世界的な評価が高いとされるミゲルがクリニックで小遣い稼ぎとは考えられないので、日本サッカー協会か、Fリーグの有力チームとポジションに関する何らかの交渉はあるのではとは思うので今後の動向を期待している。


森岡選手が町田に移籍し、ブラジル代表としてワールドカップにも出場した新エース候補のシノエ選手が開幕突然に一身上の都合という説明責任の欠片もない理由で退団した名古屋が北海道に3-0で勝利。

前半は名古屋お馴染みの別格のタレントであるシンビーニャとセルジーニョを別セットで出場させて、そこに既存戦力、サテライトから昇格した平田選手、橋本選手を組み合わせてネームバリュー的にバランスが取れたセットで臨んでいたが、後半からはセルジーニョ、シンビーニャの実績のあるスター&既存戦力の1stセット、平田、橋本のサテライト組&先生役の2ndセットと、実績と下剋上でテーマを分けたセット組に変更。
どちらのセットも気心の知れたもの同士の溌剌さと、名古屋のストロングポイントとポテンシャルが見える組み合わせで、名古屋の10連覇危うし、とは軽々しく言えなさそうだ。

いつのまにかFリーグは10周年を迎えたが個人的には感慨は薄い。

プロチームは2006年の初年度から変わらず名古屋1チームだけだし、毎週ホーム&アウェーを仕事と両立しながら続ける選手やスタッフの方々の身と時間を粉にする持ち出しで存族しているのがFリーグだ。

クリニック、サインや握手、ツーショット写真。

選手とファンとの距離感が近く、競技やチームよりも面識のある誰々のファンという傾向が強いアイドル路線が目立つ最近のFリーグ。

途中には惜しみなく絶技を披露した世界No1プレイヤーのリカルジーニョ、三浦和良のスポット参戦、気さくなミゲル・ロドリゴ日本代表監督の存在があったが、どれも一過性であり、10年間で一般層にまで届くこれという絶対的なアイコンがあったのかはいまいちパッと浮かばない。
よく続いたなと思うし、正直辛くないのかとも思うし、いつの間にか引退し、その後の消息も聞かない選手がどうなったのかを気にするのもせいぜい1、2年だろう。

セントラルの会場である代々木競技場第一体育館の入口ではミゲル・ロドリゴ監督が自らが出演したドキュメンタリー番組を再編集したDVDの手売り&サイン会という地下アイドルのような活動をやっていて色々胸にくるものもあったものの、2012年のAFC優勝とワールドカップ16強進出、2014年のAFC連覇、2016年の惨敗という誰にも真似のできない功罪を挙げた偉大な監督でさえ、この人を覚えている人もあと数年で少なくなるのだろうなと思ってしまった。

あっという間の10年はきっとまたあっという間に来る。

昨年ライブとファンに向けたシンプルな一言で会場を沸かせたナオト・インティライミが今年も登場し、今年はライブは行わないものの、フットサル界と縁のある著名人たちを集めたエキシビジョンマッチで得点を量産し会場を盛り上げた。
 
文字通りコンサート価格となったアリーナ席を埋めたナオトファンの姿は少なくなったが、個人的にはどこかで見た面々が大半を占めるフットサル興業の会場に新風を吹き込んでくれるのは大歓迎で、それはナオト・インティライミでもミゲル・ロドリゴでもいいし、バレーボールよろしく持ってこれるならジャニーズ系のタレントでもいいだろう。

前期後期制、プレーオフ、オールスターと施策は打っているが、開幕戦の観客数が9,000人のキャパに対し3,000人に届かないということが示す通り、フットサルそのものの集客力というのが限界があるというのは瞭然だ。
 
昨年から観客の落ち込みが顕著で、今年もその傾向が継続したセントラルに限って言えば『セントラルといえばこれ』というフットサル以外でフットサルファンにも一般層にも届くものを考え、中、長期的な視点で定着させることが急務な段階に来ている。

Futsal-Philosophy Facebook
 
P1080728
1日目の開場15分後の代々木第一体育館。
6試合中の観客数のマックスは1日目の第2試合町田対神戸の2,934人。
P1080735
P1080774
P1080775
今シーズンから名古屋の指揮を執るペドロ・コスタと交代後に指示を聞く前鈍内選手。
シーズン序盤は指示するより自分が出たほうが早いぜ、な場面が続くか。
P1080750
P1080757
P1080731
P1080734
ゴレイロの移籍が目立った今季。
名古屋は北海道から移籍した関口選手が前半、生え抜きの篠田選手が後半開始から出場。
絶対的な守護神が抜けた北海道は生え抜きの鶴岡選手が前半、湘南から移籍した三浦選手が後半半ばから登場。
どちらもここ数シーズン、ゴレイロが固定されていたチームなので、チーム内の切磋琢磨は大歓迎なのでは。
P1080767
サテライトから昇格したNo13の平田選手(20歳)とNo19の橋本選手(22歳)。
時間が進むにつれいい表情を見せた下剋上セットのふたりは今後存在感を増しそうな雰囲気。
E.YAZAWAばりの成り上がりなるか。
P1080769
P1080771
北海道のエース、室田祐希選手が町田に移籍し、空いた7番を着ける酒井選手。
機敏なドリブルとキレのある動きで、名古屋との一戦は名古屋よりも北海道の酒井が目立った。
P1080835
P1080836
イゴール負傷のより久々の登場になった小野寺選手と167cm100kgという恵まれた体格で長州というニックネームを持つ水谷選手(Fリーグオフィシャルガイド参考)。
来たれ革命戦士。
P1080842
森岡選手、室田選手らの日本代表組の加入で優勝候補に挙げられるも、いまいちゲームに入れていなかった町田。
第2PKをゴレイロがはじいたボールからそのまま2V1のカウンターを食らって失点という、後々まで使われそうな珍プレーを披露と、連発するアンラッキーな場面に頭を抱える岡山監督と、今季限りでの引退を表明している甲斐選手(この試合はコーチ登録)。
P1080847
P1080850
P1080854
堅実なセーブで神戸のゴールを守ったNo22ゴレイロの小石峯選手と、気合い十分な37歳の大ベテランの鈴村選手。
試合後、若手選手と肩を組み男泣きする鈴村選手にグッとくるものがありました。
P1080866
9-0と浜松に圧勝したすみだ。
朴訥とした表情で攻守の損益分岐点を抑える西谷選手。今日は出色の活躍。
P1080891
2分ごとでのセット交代で21回の交代と17通りの組み合わせを披露したすみだの須賀監督。
浜松に狙いどころを絞らせず、そこから7人による9ゴールというバランスの良い攻めを引き出した采配はお見事。
荒さがいいアクセントになっているクアトロにも手ごたえありか。
P1080884
P1080885
おそらく得点を取りたい時の勝負セットであろう太見選手、諸江選手、清水選手、西谷選手の組み合わせ。
2-0の後半から出場したこのセットで見事に4-0と畳みかけて試合を決めた。
P1080859
ここからは浜松の個性的な髪形の面々をピックアップ。
試合中は髪をお団子にしてヘアバンドの田中選手。腰まである長髪を揺らしてのウォーミングアップの一場面。
P1080871
P1080882
横と後ろから見るとボリューム感のわかる須藤選手。
P1080875
名古屋時代は精悍な若者という印象だったゴレイロの石黒選手。
徐々に忘れられていくbefore/after・・・。
P1080889

P1080893
こちはF屈指のテクニシャン、渡井選手が見せた珍場面。
ストレッチしてたらゴールセレブレーションに加われず、試合終了後の挨拶も一人だけ早くアタマあげちゃった・・・、なヒトコマ。
P1080897
大敗した浜松はガツッとはまったすみだのプレスに対して、底からのビルドアップにこだわり過ぎて手を無くした感あり。
苦しい時間は前線にピヴォを置いて、そこを起点にして押し上げるでもよいのでは。
P1080832
P1080755
試合の合間に行われたスポンサータイム。
公式飲料のライフガードのグッズがあたるボール投げのコーナーでは女子とは思えない強肩でスタンド上段にボールを投げ込み、思わぬ喝采。
このコーナー、うまいことやったら定着しそうなんだけどな・・・、と思わせる一幕。
P1080800
P1080813
熊本・大分復興チャリティマッチに出場したマラドーナとマラドーナ。
選手のマラドーナ(お笑い芸人のディエゴ・加藤・マラドーナ)は横浜マリノスユースから帝京高校に進み、全国高校サッカー選手権にも出場。
監督はストロベビーのディエゴ。ややこしい。
P1080805
新旧のなでしこ日本代表に混ざっていい笑顔のよしもとのオネエ芸人、ラブちゃんことLoveMeDo。
Twitterでの占い、フットサルでは縦突破からのシュートに定評あり。
お笑いについては・・・、わかりません。
P1080818
長身を活かしたビックセーブ、まさかのシュート回転のレーザースローで会場を沸かしたワンワンニャンニャンの福井。
お笑い芸人であり、忍者3級とのことだが、本格派のゴレイロとしての素質は十分で思わぬリクルート活動に成功では。
P1080827
P1080828
エキシビションマッチ後にインタビューに応えるナオト・インティライミ。
昨年に引き続きコメントのひとつひとつに熱と丁寧さがあり個人的には大歓迎。
来年もゼヒ!!
P1080829
試合後、出場者全員がピッチ横の20,000円の特別席の観客とハイタッチ。
観客は好きな出場者のサインを貰えるとのこと。
フットサル以外の取り組みでもいいので客単価を上げる仕掛けはどんどん打つべきで、セントラルならこういうのもいいでしょう。 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ