kuma45c

Futsal Philosophy (フットサル・フィロソフィー)

2016年07月

30 7月

2016/7/30(土) Fリーグ 第7節 墨田区総合体育館 『22歳の夏』

2016/7/30(土) Fリーグ 第7節 墨田区総合体育館
フウガドールすみだ 3 - 3 バサジィ大分

新卒で入社した会社の人事担当の方が先日定年退職されたという話を聞いた。

仕事もよくわからず、自信もない中で採用していただき、在籍中は折を見て声をかけてくれ、転職する時は円満に退職できるように気を回していただき、今思い出してもとても恩に感じているし、感謝以外の言葉を探すのは難しい。
後任者が自分の同期入社と聞いてなんだか笑ってしまったが、自分も歳を取ったんだなと思ってしまった。

普段自分が観戦している席に座ろうとすると、1ブロック+2列に招待席の札が貼ってあったので、そのエリアから1席離れたところに腰を掛ける。

試合は強度の強いプレスと柔軟でシナジー効果抜群なバラエティに富んだセット構成で首位を走るすみだに対し、大分が大胆にも同じゲームプランで挑む展開。
大分の前プレに対しロングボールでの回避を試みた流れから清水選手が決めてすみだが先制も、大分がプレスを破ってすみだを押し込み、ゾーンで守る外からディドゥダがミドルシュートを決めて同点。
お返しとばかりに宮崎選手がミドルを決めて2-1とし前半は終わった。

ハーフタイム。
 
招待席に座る自分の両親と同年代ほどの方とお話しすると、メインスポンサーの東京東信用金庫の方ですみだの岡山選手と同部署とのこと。
後半、カウンターからの波状攻撃を最後は白方選手が飛び込んで大分が2-2に追いつくも、しっかりとセットを守って好プレーを続ける岡山選手が再度勝ち越しのゴールを決めると、おふたりを含んだ真横の一角がわっと沸き「おめでとうございます」と声をかけると、顔をくしゃくしゃにしてとても嬉しそうだったのが印象的だった。

席を見渡すと大学生くらいの若者たちが1ブロックを占めていたが、こちらは内定者懇談会を兼ねてスポンサードチームの試合観戦というところなのだろうか。

漠然と将来への不安があり、何かに熱中したいけれど燃える対象が見つからない。
内定先の研修課題をダラダラとこなして、ゴロゴロしながら本を読んで、ヒマな時間はネットサーフィン・・・、若々しい彼らを見て自分のだらしのない22歳の夏を思い出して苦笑してしまった。

フットサルを見ていて非常に面白いのが、得点差、残り時間、ファウルカウントで求められるプレーが変わることだ。
フロアに立つ選手はその状況で何を求められているかを考え、役割を果たさなければならないし、役割を果たして称賛されることもあれば、勿論その逆もあるし、状況によっては役割以上を一気に目指さなければならないこともある。
そういうところは仕事にとてもよく似ていると思う。

仕事を通して成長するのはもちろんだが、仕事に役立つヒントは意外と仕事以外のところに眠っている。

他競技になるが野村克也氏のエッセイは氏の野球選手、監督の経験が仕事や人生訓に繋がっていて非常に面白く含蓄に富んだものばかりだし、私もいつからかフットサルを競技としてだけではなく、生きるヒントのようなものを発見、確認しようという視点で観戦しているように感じるようになった。

2009年。
当時地域リーグに在籍していたすみだは、Fリーグを2連覇中の名古屋を破って全日本を制した。
だが、すみだのチームとしてのハイライトは2013年に再び名古屋と全日本決勝を戦い、PK戦で諸江選手がシュートを外した後、うなだれる諸江選手に当時のキャプテンの金川選手を先頭に仲間たちが歩み寄り、優しく温かな輪を作った場面なのではと思う。

うまくいく事ばかりではないし、ぶつかり、失敗もし、理不尽なこともあり、それでも何かを達成できれば心底嬉しい。
競争相手いて、仲間がいて、一緒に熱くなり、夢中になる。
そんな中で切磋琢磨できるのはとても幸せだ。

試合は日本最高のアラのひとりである仁部屋選手の左カットインから相手の足をはずしてのスナイプショットで3-3の引き分けに終わったが、はじめてのフットサル観戦から常連さんになるキッカケとしては十分なナイスゲームだったろう。
 
彼らがあと何回フットサルを見に来てくれるかはわからないが、仕事だけでなく、自分が夢中になれるものから何かを学び、成長し、社会人としての日々を楽しむ傍らにもしもフットサルがあったらとても嬉しい。

Futsal-Philosophy Facebook

DSCN2548
DSCN2549
DSCN2552
一躍ポケモンGOのホットスポットとなった錦糸公園。
どうでもいいですが私が好きなゲームは高難易度、理不尽、初見殺しと評判のベルウィックサーガ
面白いですが間口は極端に狭いためオススメはしません。
DSCN2569
巨躯を活かしたフィジカルと強烈なシュートを武器とするディドゥダ選手。
怖そうな先輩も意外と声や笑顔がかわいかったりするんだよなぁ・・・。
DSCN2603
4月に刈谷で行われた日本代表戦で一気に評価を上げた芝野選手。
あどけない笑顔が印象的な若者も今ではすっかりエースの視線。
DSCN2638
DSCN2639
DSCN2627
DSCN2608
DSCN2609
DSCN2610
日本最高のアラのひとり、華麗なドリブルを武器にする仁部屋選手の試合前に行うインサイド、アウトサイドでのボールタッチのルーティーン。
一見不可思議な先輩の行動の裏には確かな理由があったりする。
DSCN2616
DSCN2673
走力と基礎技術を武器にするすみだに電撃加入したテクニシャンのボラ選手。
結果を出している時だからこそ違う個性を入れて変化を促すことが目的なら、すみだの補強はお見事としか言えない。
注目の初登場は2-1と勝ち越した直後の盛り上がる場面で、ムードメーカーの田村選手、諸江選手、岡山選手と。
DSCN2667
DSCN2643
DSCN2645
今日も要所を締めた諸江選手、西谷選手、渡井選手のすみだスリーフィクソ。
この日は18番渡井選手のドリブルでの突破が目立った。
DSCN2652
息を飲むシーソーゲームで3点目を挙げた岡山選手は個性的なチームでしっかり出番を確保。
「うちの会社の先輩、フットサルの日本代表なんだぜ」と言われる日も近そうだ。
DSCN2669
Fリーグ1年目ではシーズン23得点を挙げ日本代表にも選ばれた6番宮崎選手のゴール後。
不調の昨季から今季は得意のドリブルを活かした突破が戻りつつある。
DSCN2714
攻めてる時のゴレイロのポジションは選手とチームのカラーがよく出る光景。
第2PKマークまで出てにらみを利かす大黒選手。
DSCN2713
DSCN2664
DSCN2665
DSCN2708
DSCN2704
DSCN2710
太見選手、清水選手、ボラ選手と一癖も二癖もあるすみだのピヴォを抑える大分の小檜山選手兼コーチ。
役割は越えてこそ、とばかりに技巧派フィクソが守備でハッスル。
今日のMVPは若手への薫陶が光った彼にあげたい。
DSCN2754
DSCN2653
ガッツ溢れる守備が光った9番の田辺選手と、4番の田村選手。
160cmながらガツガツとしたプレスと器用さを持つ田村選手は日本代表で見たい好選手。
DSCN2680
DSCN2681
DSCN2688
首位のすみだを相手に真っ向勝負の前プレ合戦を挑んで引き分けに持ち込んだ大分の吉武監督。
早い時間でのパワープレー。若手を組み合わせたセット構成など就任2年目にして名伯楽の雰囲気。
今季はすみだ、名古屋に引き分けるも浜松に敗北という結果だが、波を無くせれば間違いなく上位に食い込む好チーム。
DSCN2697
ハーフタイムにスタッズに目を通す須賀監督。
独特の言葉でフットサルを語る彼のフットサルを通してフットサル以外のことを語る著書も期待したいところ。
11 7月

2016/7/9(土) Fリーグ第5節 墨田区総合体育館 『首位のシナジー』

2016/7/9(土) Fリーグ第5節 墨田区総合体育館
フウガドールすみだ 4 - 0 府中アスレティックFC

浜松、神戸、仙台、大阪相手に4連勝で首位のすみだと、湘南、浦安、町田に勝利し、大阪に引き分けて2位の府中が激突。

前節までの戦い方を見るに、両チームともピヴォを使った3-1での前プレ&プレス回避をベースにした鍔迫り合いから、ここまで猛威を振るっている諸江選手、太見選手、清水選手、西谷選手の決めセットを機を見て投入してすみだが試合を動かしにかかる、という展開を予想していたが結果は4-0ですみだの完勝となった。

相手ボールを奪い、スピードに乗ったカウンターから岡山選手の思い切りのいいシュートで先制し、底にプレスに来た相手の裏を取った清水選手にロブを落としてのシュートで2点目。
右サイドでボールを持った太見選手が相手ディフェンスの寄せが甘いと見るやミドルシュートを決めて3点目。
最後はパワープレー中の守備故か中途半端な府中のプレスをいなしにいなし、10本以上のパスを成功させてから点差を見せつけるようなファー詰めで4-0。

府中にももちろんチャンスはあり、完山選手のドリブル突破や、岡山選手の意外性のあるまた抜き、上福本選手のシュートなどどこかで得点を奪えていれば流れは変わっていたかもしれないが、前半途中から徹底しだしたゴレイロのクロモト選手を使ったインスタントなプレス回避ですみだを押し込んだ後のブロック崩しに最後まで工夫を欠いた。

ただ、府中の戦い方云々ではなく、すみだの4点のバリエーションはトランジション、2人の関係のプレス回避、個人能力、チームの完成度とそれぞれの意図が詰まったバリエーションに富んだもので、今日の印象はとにかく『すみだ強し』だ。

すみだの面白い点はセット組の豊富さと交替の早さだ。
今期の開幕戦となった浜松戦では21回の交替で、17通りの組み合わせを披露。
今日も18回の交替で10通りの組み合わせを見せており、そのひとつひとつが監督、チームの意図が高いものだ。

◆ピヴォあり
宮崎/太見/西谷/渡井
諸江/稲葉/清水/岡山
太見/田村/西谷/渡井
諸江/田村/清水/岡山
諸江/稲葉/田口/清水

◆ピヴォなし
諸江/稲葉/田村/田口
宮崎/稲葉/岡山/渡井

◆決めセット
諸江/太見/清水/西谷

◆パワープレーのディフェンス
諸江/稲葉/太見/西谷
諸江/稲葉/西谷/渡井

前節までは諸江/太見/清水/西谷の決めセットをはじめ、諸江選手と西谷選手を組ませる構成が多かったが、この試合は2人を別セットで使い、昨年の大怪我から復調した渡井選手をもうひとつの軸に添えて府中の攻撃をシャットアウト。
 
セットを固定化し、特定の選手への依存度が高いチームが多い中、ベンチ入りした10人をしっかり使ってこれだけの組み合わせを見せ、セット毎に練度の高いピヴォ、クアトロを使い分ける質と量があり、久々に登場した田口選手が吹っ切れたようにハツラツとした動きを見せれば、西谷選手を彷彿とさせる相手の意表を突くドリブルでサイドを突破するなど調子の良かった宮崎選手は出場時間を伸ばす。

意識してのセットの流動化だと思うが、異なるキャラクター同士が刺激し合うチーム内の競争と、それが組み合わさった時のシナジーが非常に高い。

Fリーグ参入初年度は、武器にしていた切り替えの速さがFリーグのゲームスピードの標準に埋もれ、ミドルシュートやセットプレー、パワープレーのディフェンスに苦慮し爆発力はあるが安定感に欠ける試合が続いたが、年間3位を達成した2年目の昨期を経て、選手の成長や慣れ、経験のある選手の加入で一気に弱点を克服した感がある。

オフェンスのセットプレーのバリエーションに乏しいのはまだそこまで練習時間を割けていないからかもしれないが、プレスとプレス回避、トランジション、練度とキャラクターのあるセットと、見ていて飽きない首位らしいすみだの完成度はお見事の一言だ。

Futsal-Philosophy Facebook

DSCN2426
DSCN2427
首位のすみだと2位の府中。東名、名阪ではない東京横断の首位対決は雰囲気も抜群。
DSCN2380
DSCN2381
コーチが持つ網板にボールを投げ、それを打ち返したボールをゴレイロがキャッチ。
SとMが交錯する個性的なフットサルのゴレイロのアップシーンは一見の価値あり。
こちは府中の山田マルコスコーチとクロモト選手のアップのヒトコマ。
DSCN2388
DSCN2483
大柄な選手たちの中で出場時間を伸ばす2選手。
関選手(上)は機動力と動きの質でボールを引き出し、岡山選手(下)はバリエーション豊富なまた抜きとシャペウでのサイド突破で個性を放つ。
DSCN2400
DSCN2414
DSCN2411
DSCN2412
DSCN2430
順位を意識せず、プレッシャーよりも楽しんでいるいい表情が目立つ首位のすみだ。
DSCN2443
DSCN2447
DSCN2456
DSCN2460
1stセットの宮崎/太見/西谷/渡井選手。
No18渡井選手のゲームコントロールと、久々に出場時間を伸ばしたNo6宮崎選手のドリブルが冴えた。
DSCN2473
DSCN2465
DSCN2468
DSCN2482
DSCN2474
前半途中の諸江/稲葉/田村/田口選手のピヴォなしのセットで、リーダーシップを取るNo7稲葉選手。
久々の出場となったNo10田口元気選手はユニフォームネームの通り元気いっぱいの動き。
DSCN2463
軽快なプレスと、鋭いカウンターで先制点を挙げた岡山選手。
DSCN2488
DSCN2490
1-0で迎えたハーフタイム。
お馴染みの威風堂々スミダイルと松岡修造のモノマネ芸人のこにわ。
選手、観客とも緊張感のある熱戦にしばしの水入り。
DSCN2503
DSCN2504
岡山選手の先制点に繋がったすみだのカウンターを警戒してか、ゴレイロのクロモト選手を使ってのプレス回避を選択した府中。
プレスとトランジションではなく、ハーフコートでのオフェンスに利ありとの判断だが、最後まですみだのブロックは崩せず。
DSCN2505
惜しいシュートを放った府中の攻撃陣。
No8ピヴォの上福本選手は前半にあった決定機をポストに当てたのが悔やまれる。
DSCN2464
DSCN2462
DSCN2518
DSCN2519
チームを引っ張るNo25完山選手、No5皆本選手、No96クロモト選手。
今日は攻守がガッチリはまったすみだが上手だったか。
DSCN2510
DSCN2511
DSCN2530
DSCN2408
攻守の分岐点を鋭く見据える西谷選手。
もはやさすがとしか言えないため感想は控えます。
DSCN2523
DSCN2526
試合終了間際のタイムアウト。
パワープレーの攻守を指示する須賀、谷本両若手監督対決は今シーズンあと2試合。
次回は谷本監督の打開策に注目。
DSCN2534
DSCN2532

DSCN2543
No4諸江選手、No14西谷選手との好連携でゴールを守る大黒選手。
ゴレイロ争いが激しいすみだで開幕から5試合連続で先発出場。
飛び出し、足元、セーブ と実にフットサルらしい好ゴレイロ。
2 7月

2016/7/2(土) Fリーグ第4節 墨田区総合体育館 『何が面白くてフットサルを見てるんだっけ』

2016/7/2(土) Fリーグ第4節  墨田区総合体育館 
バルドラール浦安 2 - 2 デウソン神戸
フウガドールすみだ 3 - 2 シュライカー大阪

初夏の土曜日。
浦安と神戸、すみだと大阪という順位の近いチーム同士が1日2試合を行うプチセントラル。

ご縁があって交友させていただいているスポーツライターの北健一郎さん、府中アスレティックFCのFacebookでマッチレビュー、選手へのインタビューを連載されているスティーブ・ハリスさんと一緒に観戦させていただいた。

前半に2点を先行し後半経験のあるフィクソを連投して逃げ切りを図る浦安に対して、パワープレーから相井選手の左カットインの右足で同点に追いついた神戸。
加藤選手、田村選手らの若手が堂々と活躍した大阪を、諸江選手、西谷選手、太見選手、清水選手の決めセットで制したすみだ。

細かな技術解説と選手のキャラクターにまつわるエピソードで笑いを取る北さんと、群を抜く観戦経験からの熱いフレーズが印象的なハリスさんに囲まれて観た2戦はどちらもフットサルの魅力がギュッと詰まっていて3人とも大満足といった感じだったが、ふと『自分は何が面白くてフットサルを見てるんだっけ』というのをなんだか考えてさせられてしまった。


・・・自分が試合を見るポイントは主に4つ。

①プレスラインの設定とプレス回避
②トランジションの強度
③練度とキャラクターのある2セット
④キックイン、フリーキック、パワープレーなどのデザインプレーの攻守

①②は連動していて、プレスラインが高ければボールを奪った時に相手のゴールの近くで攻守が交代するため得点が生まれやすい。
自陣ハーフラインまで引いて守る場合は相手ゴールまで遠いけれどスペースは埋めやすい。
攻守とも主導権を奪って試合をコントロールするのか、カウンターをチラつかせて相手を疑心暗鬼にさせるのか。
いずれにしろどこかでチャレンジする場面は出てくるので、はじめにボールホルダーにアタックする選手の位置でその試合のゲームプランが見えてくるし、疲労、集中力の欠如、直近のプレーから生まれる迷いなど、40分間の中で攻守の切り替えの早さに遅れが出だしたところが勝負の分水嶺だ。

次は③のセット構成。
1st、2ndで同じやり方のチームももちろんあるが、ピヴォ当てとクアトロで分けていたりもするし、軸になる選手を1、2人決めてあとは調子や相手との相性を見て臨機応変にというのもあるだろう。
攻撃的、守備的、若手育成、勝負の際をベテランで締めたいなど状況に応じた色が必ずあるので、このセットは何を目的にしているのか、というのを考える。
前半は同じメンバーでの2セットでの交代が続いたとしても、後半10分過ぎあたりからはコンディションとスタミナと相談しながら、徐々に枠が崩れてこのチームで一番頼りにされているのかは誰かが見えてくる。
勝っても負けても1点差で最後にフロアに立ってる気持は選手にとってなんとも言えないものがあるだろう。

④は一発逆転のカード。
キックイン、フリーキックはキッカーに1人が割かれ、3人対4人の勝負になるため誰がフィニッシュのシュートを打つのかが焦点になる。
単純なチョンドンだけでも多くのバリエーションがあるし、チョンドンを見せて前に食いつかせておいてファーでプッシュなど、伏線が後々効いてきたりもする。
パワープレーも含め、確実に相手の先を取れるデザインプレーは決して軽々しく扱えない。
総じてここのバリエーションが豊富なチームは左右のキッカーを揃えていたり、練習時間が十分であったり、兼任であれ選任であれスカウティングに優秀な人材がいたりするのでチームの体制を図るひとつのバロメーターだ。

そんなことをベースに踏まえたうえで、

A.得点差
B.残り時間
C.ファウルカウント

に応じてバリエーションが生まれていく。

前プレが強力なチームでも1点勝っていて残り時間が2分なら心理的にもプレスラインは自ずと自陣寄りになるし、前半終了間際でビハインドの状態でもファウルカウントが5つなら無理に攻めずに後半で勝負という選択肢も出てくる。

ただ、第2PKに絶対の自信を持つゴレイロがいればファウルカウントにお構いなくプレスに行けるし、猟犬のようなガツガツしたメンタルや、意思統一された練度があれば最後まで相手を追い詰めて試合を締められる。
A~Cの部分はいわゆる『お約束』の部分だが、このお約束の空気を読まずにズバッと行けるタレントや仕組み、工夫を持っているチームが往々にしてコンペティションをリードしているように思う。

上記を踏まえて40分間でレンガを積み重ねるように勝利するのが王道だが、フットサルで面白いのはこういうセオリーで説明できない瞬間が生まれることだ。

2012年タイで行われたワールドカップ決勝のスペイン対ブラジル。
攻守に盤石なスペインが2-1でリードの状態で仕掛けたブラジルのパワープレーからセオリー通りの横パスではなく左足ミドルシュートで同点ゴールを突き刺し、満員の観客にタイの伝統的なワイのポーズで応えるファルカン。

2013年全日本選手権決勝の名古屋対すみだ。
絶対王者名古屋にゾンビのように追いすがるすみだがお得意のスピーディーなキックインに半田選手と太見選手が体ごと飛び込んだ延長後半残り4秒の同点ゴール。

どちらもこのまま試合終了かと思いきや、選手であり、チームのキャラクターがセオリーを上回った顕著な場面だったと思う。

ダラダラと理屈が続いたが、最後は思い入れのある選手やチームが活躍するのを目にするのが観客にとっては一番の楽しみだろう。
シーズンはまだはじまったばかりだが今日の2試合のように、理屈よりも単純に手を叩き、声を上げて『フットサルってスゲえなぁ』と思えるシーンに沢山出会えるのを楽しみにしています。
 
Futsal-Philosophy Facebook
 
DSCN2151
DSCN2175
すみだ大阪戦では1,732人の観客を集めた墨田区総合体育館。
参戦3年目のすみだの集客力はお見事。
DSCN2160
Fリーグ各チームで活躍する大型ゴレイロの村山選手。今シーズンから所属する神戸では前節から登場。
DSCN2167
DSCN2173
今シーズン、いい表情が目立つ神戸のベテランフィクソ、37歳の鈴村選手。
DSCN2191
試合前から気合十分の眼光を見せる神戸の岡崎チアゴ選手。
DSCN2188
DSCN2190
DSCN2187
DSCN2198
DSCN2228
DSCN2221
DSCN2222
浦安の軸を担う4枚のフィクソ、小宮山選手、荒巻選手、中島選手、深津選手。
マイルド深津選手とワイルド相井選手のマッチアップは迫力十分。
DSCN2215
今シーズンはアラ・ピヴォで活躍する岡崎チアゴ選手。
彼からピヴォに入る相井選手にどれだけ当てられるかも神戸の見所。
DSCN2238
DSCN2241
浦安は負傷により藤原選手から税田選手に、神戸は2失点したタイミングで村山選手から小石峯選手にゴレイロがチェンジという珍しい展開。どちらも及第点の働き。
DSCN2249
フィクソ4枚で神戸の猛攻を凌ぎたかった浦安ベンチ。
後半残り10分からのマネージメントがこのチームの課題か。
DSCN2295
DSCN2298
DSCN2303
シュートストップ、前でのクリアと八面六臂の活躍を見せたすみだのゴレイロ大黒選手。
DSCN2316
大分の仁部屋選手と並んで、今Fリーグで最もインパクトを残すアラの西谷選手。
相手の重視を良く見て逆を突き、2、3人をまとめて躍らせるドリブル突破は圧巻。
DSCN2340
DSCN2341
DSCN2362
前を向いてボールを奪取してそのまま持ち上がるプレーが光った諸江選手。
審判を交えつつ展開される各チームのエースとの駆け引きも見応え満点。
DSCN2335
DSCN2336
諸江選手、西谷選手、太見選手、清水選手のすみだの決めセット。
前を向いて奪う守備、素早い切り替え、深みを作るピヴォ、ドリブルでの仕掛けと首位らしい素晴らしい完成度。
DSCN2306
DSCN2333 
昨シーズンの大怪我から復帰した渡井選手が大阪の新ブラジル人のチアゴを抑える。
西谷選手、諸江選手、渡井選手とクオリティーの高い3枚のフィクソは垂涎の的。
DSCN2321
DSCN2322
DSCN2323
主導権を握るすみだを追いかける大阪のタイムアウト。身振り手振りを交え指示を送る木暮監督。
DSCN2328
締まった熱戦のハーフタイム。
MCの濁川さんとスミダイルのダンスで観客も癒しのひととき。
DSCN2368
DSCN2347
DSCN2350
今年4月の日本代表戦でも活躍した26番の加藤選手。
すみだの2人がかりのプレスを切れ味の鋭いドリブルかわしてアルトゥールのゴールを呼び込んだレフティーのあどけない笑顔。
DSCN2351
こちらも各チームで活躍し、今日もさすがの働きを見せた大阪のゴレイロ冨金原選手。
彼が欠場した場合に備えた質の高いセカンドゴレイロの確保も大阪の課題か。
DSCN2366
DSCN2375
上位対決らしい接戦を演じたすみだの須賀監督と大阪の木暮監督。
あと2試合ある対戦でも近い順位での鍔迫り合いになるはずだ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ