kuma45c

Futsal Philosophy (フットサル・フィロソフィー)

2018年01月

28 1月

2018/1/25(木)、1/28(日)国際親善試合 大田区総合体育館、富山市総合体育館『世界王者との差』

2018/1/25(木)、1/28(日)国際親善試合 大田区総合体育館、富山市総合体育館『世界王者との差』
日本代表 2 - 4 アルゼンチン代表
日本代表 1 - 4 アルゼンチン代表

AFC初戦を7日後に控え1年9ヵ月ぶりに行われた国内親善試合は2016年ワールドカップ王者のアルゼンチンに2-4、1-4で敗れ、点差はそこまで離れなかったものの試合の急所を抑えることに長けたアルゼンチンの完勝という印象だった。


2戦目 ダイジェスト
のちほどUP

2016年10月のワールドカップ終了後に就任したブルーノ・ガルシア日本代表監督だが、肩書きとは裏腹に日本代表を率いて試合をした回数は非常に少なく、残っている映像もダイジェストが中心でどういったフットサルを志向しているのかをこれまで確認できなかった。

結果だけを見るならブルーノジャパンは以下の7勝4分2敗で、評価できるのは25歳以下の選手に国際経験を積ませるという触れ込みで挑んだアジアインドアゲームズでの3位入賞だろう。

ハンガリー
1戦目 1-1
2戦目 3-0

スロベニア
1戦目 2-5
2戦目 2-2
3戦目 0-3

グループリーグ
 レバノン 5-2
 タイ 6-4
準々決勝
 ヨルダン 4-1 
準決勝
 ウズベキスタン 3-3(PK負)
3位決定戦
 アフガニスタン 1-1(PK勝)

モンゴル 5-1
マカオ 11-0
チャイニーズ・タイペイ 8-1

DSC_0292
ここからは1/25、1/28に行われたアルゼンチンとの2戦を簡単にまとめる。

①セット構成
日本、アルゼンチンともピボォを置く3-1の布陣を基本形とし、日本は3rdセット時に状況に応じ4-0でのクアトロを併用。

◆1戦目(2-4敗戦)
1st:清水/室田/吉川/齋藤
2nd:渡邉/仁部屋/星/皆本
3rd:森岡/逸見/西谷/滝田
※ポジションはピボォ/アラ/アラ/フィクソの順

01
02

◆2戦目(1-4敗戦)
1st:清水/星/吉川/齋藤
2nd:渡邉/仁部屋/西谷/皆本
3rd:森岡/逸見/室田/滝田
03
04
後半残り5分からは録画ができていなかったので割愛(パワープレーの模様)

表は各セットでの出場タイミング。
強豪アルゼンチンを相手に90秒~180秒でセットチェンジしてプレーの強度を落とさないことが目的か。

DSC_0458
1戦目はカッチリした4枚替えだったが、2戦目は森岡選手/吉川選手/逸見選手らのタレントを引っ張りながらの機用が目立った。

DSC_0515
膝に巻かれたテーピングがなかなか解けない森岡選手。
町田ではフィクソのダニエル・サカイとの入れ替わりが負担軽減&マークの分散に効果があった。
日本代表でもいい相棒を見つけたい。


②基本戦術
3-1として非常にオーソドックスな戦術で、オフェンス時はピボォで深さを作ってのサイド勝負orピボォ当てで攻め込み、ディフェンスでは前からのプレスで相手を封じ、ボールホルダーからの奪取や、パスラインを限定してのパスカットを狙う。

DSC_0432
最年少の20歳ながら強靭なフィジカルで前線の起点になった清水選手。
物怖じしないメンタルは国際舞台向きで、フル代表でのアジア初参戦になるAFCではゴールラッシュを期待したい。


③セットプレー
1戦目では情報戦を意識してかCKやFKでブロックプレーはなく、チョンドンや逆サイドへ浮き球のパスを出してボレーシュートを狙うなど工夫のないもののみを使用。
(この日はベトナム代表と同代表監督のミゲル・ロドリゴも観戦)

両チームともセットプレーからのゴールが生まれたが、2016年のワールドカップでも目立った速いボールを中央に入れるCKや、強烈なシュート力を活かしてこぼれ玉に詰めるシンプルな形でのチャンス&ゴールが目立った。

活動時間の短い代表でも練習しやすいのがセットプレーなので、AFC本戦では齋藤/清水/森岡らの左右のハードパンチャーのシュートと合わせてブロックを入れた形も採用してくるだろう。
2戦目はブロックも交えたいくつかバリエーションも見せたが、決勝トーナメントまでは極力温存したいところだろう。

DSC_0460
フィジカル/左利き/若さでフィクソに抜擢された齋藤選手。
ロングボールで裏を抜かれる、1vs1のドリブル勝負でやられるなどDFでは踏んだり蹴ったりもFKでは強烈シュートで得点に絡む。
ストロングポイントのハッキリしている選手なので、ヒーローになるのも戦犯になるのも起用方法次第。


④試合内容
Fリーグで名古屋と対戦し2-4や1-4で敗れたチームから『そこまでの差は感じなかった。次回は今回の反省を踏まえて頑張りたい』というコメントを目にしたことがある人は多いだろうが、個人で作った差からチームとしてのアドバンテージを作れるのが強いチームのクオリティであり、なぜ差が生まれたかにこそ成長のヒントがある。

お互いが似た戦術を採用していたが、

・体の厚みを活かしてボールを取られない場所に置く
・自陣コーナー付近に選手を配置し、安全なパスラインを確保してのボトムからの組み立て
・キープが無理と判断したらロングボールで簡単に前に預ける

など要所要所で自分たちの得意なスタイルと、状況に合わせた現実的な判断を組み合わせたアルゼンチンのフットサルの巧さが光ったし、単純に攻守の1対1の強さやフィニッシュワークの的確さにしてもアルゼンチンと日本の大きな差だったと思う。

華麗なヒールリフトなんてやりそうにない無骨な髭面のブランディにボールが入り、足裏で軽く動かした位置にずんぐりむっくりとしたボルートが走り込んでシュートを打つ。

スペインやブラジルから生まれた各種ジョガーダをありがたがって追いかけがちだが、BOOKOFFの100円コーナーに置いてありそうな古臭いフットサル教則本通りのピボォ当てが最も即効性があり、クラシカルな戦術をトコトン利かせてきたアルゼンチンとの差は非常に大きかったのではないだろうか。

DSC_0611
DSC_0336

分厚い体を活かして前線で起点を作るNo11ブランディと、的確なフィニッシュが光ったNo10ボルート。
DSC_0324
DSC_0390
168cmの体でゴールを守る2016年ワールドカップ最優秀ゴレイロのサルミエントは局面に合わせたクロス/フェンス/ダブルニーのゴレイロ3型のチョイスに迷いなし。


⑤AFC展望
1/21までプレーオフを戦っており、決勝まで進めば最大6試合を11日間で詰め込むAFCのハードスケジュールを考えると、今回の2戦と同じく3セット廻しで全体のコンディションを管理しようとするのは間違いない。

準備期間が皆無だったことを考えればアルゼンチン戦でやったベースの戦術+セットプレー(パワープレー含む)で勝負するしかないので、3セットがベストアベレージを発揮できる組み合わせを考えることが監督の直近の仕事になるはずだ。

ちなみに今回の2連戦でも1戦目、2戦目で以下のセット変更がなされている。

◆1戦目(2-4敗戦)
1st:清水/室田/吉川/齋藤
2nd:渡邉/仁部屋/星/皆本
3rd:森岡/逸見/西谷/滝田

◆2戦目(1-4敗戦)
1st:清水/星/吉川/齋藤
2nd:渡邉/仁部屋/西谷/皆本
3rd:森岡/逸見/室田/滝田
※ポジションはピボォ/アラ/アラ/フィクソの順

順を追ってセット変えの意図を考えると、

1.アジアインドアで抜群の相性を見せた清水/室田
2.クアトロを併用したい時にイメージの共有が容易な町田所属の森岡/室田/滝田
→クアトロを優先。
DSC_0159
昨年9月のアジアインドアで大覚醒の室田選手。
2016年AFCは何もできずに終わったが、今回はピヴォ、クアトロどちらのセットに入っても主役を演じられそうだ。

3.左利きのフィクソとしてコンバートしたもののDFの脆さを露呈した齊藤
4.アルゼンチン相手にボールカットを連発し好調をアピールした星
→不安のあった齊藤のセットにDFの良かった星を併用。清水とのダブルピヴォも魅力
DSC_0400
体の強さと出足の良さを活かしてアルゼンチンの縦パスを前に出てカットする場面が目立った星選手。
オフェンスの駒だが純フィクソが足りないこのグループならフィクソ兼任も十分ありで、勝ち進んでの負傷やカードトラブル時のジョーカーになる可能性大。

5.誰と合わせても高相性の吉川
6.誰と合わせるのがベストなのかが不明確でコントロールが難しそうな逸見
→2戦目でのセットを多少崩した引っ張りで相性を調査。吉川は火消し役で逸見はギャンブル枠か。
DSC_0348
状態の良さが目立った吉川選手。誰と組ませても好相性なチームのキーマン。
DSC_0376
仕掛けが武器にもなり、カウンターの呼び水にもなりうる逸見選手は取扱注意の諸刃の剣。
彼が活きるセットとシチュエーションを作ってあげたい。


完全に主観だがそんなところに意図にありそうで、各試合のセット構成は監督やチームのPDCAが垣間見れる要素なのでAFC本戦でもゼヒ注目してほしい。

グループリーグでは最終戦で対戦する実力拮抗のウズベキスタンがライバルだが、前の2戦(タジキスタン、韓国)でベースとなりうる最適解を出せているかが大会全体で結果を出すための絶対条件になるはずで、個人的には以下の形を見てみたい。

1st:清水/西谷/吉川/星
→前に強いDFを活かしたフィクソ星は浦安でも経験があり、攻撃時は清水とダブルピヴォを形成できるのも魅力。
同一チームでの所属経験のある清水/西谷/吉川は連携も◎
DSC_0522
同じウニベルサールの吉川選手ほどの活躍がなかった西谷選手。
1、2戦目とも馴染みのないセットに組み込まれたが、気心の知れた選手が揃うこのセットならなんでもやってくれるだろう。

2nd:渡邉/仁部屋/齋藤/皆本
→齊藤のフィクソはキッパリ諦めてアラへ再コンバート。仁部屋のドリブル、齋藤の強シュートによる仕掛けと、皆本→渡邉の府中ホットラインでシンプルに攻める
DSC_0593
DSC_0361
府中所属の皆本選手と渡邉選手は目立った活躍はなし。
連戦を戦いながらリーグ後半に失速した調子を上げられるか。

3rd:森岡/逸見/室田/滝田
→F屈指の町田クアトロ+逸見。短時間で逸見の融合を目指すならクアトロで作った1vs1勝負役が手っ取り早い。
DSC_0427
町田クアトロで守備と舵取りを担当する滝田選手。
サイドでの勝負、ワンツー、中パラを使い分けて相手を押し込みたい。

2016年のリベンジという想いが強いだろうが、仕事の合間に練習&試合をこなす、続けるだけでも大変なマイナースポーツでの最大のモチベーションは『誰よりも上手く、強く、速くなりたい』というシンプルなものなはずだ。

トッププレイヤーの使命感というのももちろんわかるが、活動回数の少ない日本代表でアジアの競合達と鎬を削る喜びを感じてきてもらいたい。

DSC_0721
満を持して日本代表スタッフに入閣した木暮『コーチ』。
大阪所属の下地フィジカルコーチに、同じくスペインでの選手経験を共有できる内山ゴレイロコーチ。
統括的なポジションを兼ねる小森通訳とは選手時代に関わりあり。
2戦目の小出しの選手起用はシュライカーでの木暮采配の色を感じさせるもので、勝手知ったる体制の中でのコーチ1年生はまずは見て勉強なんて気はサラサラなさそう。

22 1月

2018/1/22 2018AFCフットサル選手権 『観戦のしおり』

2/1(木)~2/11(日)までAFCフットサル選手権が始まる。

◆AFCフットサル選手権とは?
アジアNo1のフットサルチームを決める国際大会。
これまではイランが11回、日本が3回の優勝(準優勝は同1回/5回)を果たしており、この2カ国がアジア2強と言われる論拠となっていた。

5位までが出場権を得るワールドカップアジア予選を兼ねた前回の2016年大会では、ベスト8でベトナム、敗者復活戦でキルギスタンに敗れ日本は過去最低の惨敗を喫しており、今回は雪辱を期す舞台になる。

DSCN6564

なお、以下文中で登場するAFCクラブ選手権はアジアNo1のフットサルクラブチームを決めるAFCフットサルクラブ選手権を指し、AFCフットサル選手権は『AFC』とのみ表記する。

※各運営団体のポータルサイトはこちら。Wikipediaが一番見やすいというマイナースポーツあるある。






◆優勝国・各大会結果
result

result_summary


2000年代はイランに日本が挑む構図で、2010年代は2012/2014と日本が2連覇を果たしてアジアの盟主の座を奪うと見られたが2016年に惨敗を喫した。
2016年に躍進したベトナム、タイをはじめ、今大会は2020年以降に予想されるアジア群雄割拠時代の幕開けの第一歩になるはずだ。

◆個人賞
TS
mvp
2014年までは2強のイラン、日本のエースたちがMVP&得点王をジャック。
2016年はタイのエースピヴォのスパウットが得点王に輝いており、黄金期を迎えているタイの優勝&個人賞総取りも大いにありそう。

DSCN5571
AFCクラブ選手権では個人賞3回(MVP1回/得点王2回)の森岡選手(2012年のAFC終了後に帰化が認められたため今回が3回目の出場)は代表大会での個人賞も期待したいところだ。


◆日程
グループリーグ:2018/2/1(木)~2018/2/6(火)
準々決勝:2018/2/8(木)
準決勝:2018/2/9(金)
決勝/3決:2018/2/11(日)
※決勝戦の翌日が日本では休日(建国記念日の振替)になるため現地観戦にはもってこい

TM

◆放送

また、AFCの公式YouTubeチャンネルで配信されるはず。
視聴方法は以下の過去エントリーを参考。

ちなみに2014年はテレ朝がGet Sports内でハイライト&決勝戦を録画放送している。
ここもウォッチしていると試合以外の映像も見れるかもしれない。

◆グループリーグ展望
国名[評価(上位からA~D):主な戦績]

・グループA
チャイニーズ・タイペイ[D]
ベトナム[B:2016年AFC4位/2016年W杯ベスト16]
マレーシア[C]
バーレーン[C]

グループの本命、2016年のワールドカップ決勝トーナメント進出したベトナムは当たると止められない小柄なゴレイロのフイを中心に、重い腰を活かして前向きにボールを奪取してからのカウンターが主体のチーム。
格上には強いが固めた相手に打てる手は少ないので全チームにチャンスあり。

チャイニーズ・タイペイは開催国枠のポッド1位を活かして好位置をゲット。
日本でも指揮をとった太鼓腹のアジウ(2008年~2013年に名古屋を指揮)を監督に、山田マルコス(選手として名古屋/府中で活躍し、府中のGKコーチ、サテライト監督を歴任)をGKコーチに迎え躍進を期す。
新興国のマレーシア、バーレーンを相手に勝ち点を上げられれば予選突破の目が見えてくるはずだ。

DSCN8145
日本代表監督時代に果たした数々の『奇跡のレッスン』で有名なミゲル・ロドリゴはタイ代表で2016年ワールドカップに出場(ベスト16)し、その後は現日本代表監督のブルーノ・ガルシアと入れ替わる形でベトナム代表監督に就任(同国のクラブチームのタイソンナムの指揮も兼任)。
ブルーノ時代に達成したワールドカップベスト16以降、ベトナム代表は大きなインパクトを残せていないこともあり今回はミゲルの腕の見せ場。

DSCN8156
小柄ながら抜群の反応でシュートストップを連発するベトナムのゴレイロのフイ(NGUYEN VAN HUY)は2016年のAFCで日本を破った立役者。
左手に印象的なイレズミがあるゴレイロが出てきたらロースコアゲームを覚悟したほうがいい。
日本、ベトナムとも決勝トーナメントに進出すれば最短でベスト8に再戦が実現する。


・グループB
ウズベキスタン[B:2016年AFC準優勝/2017年アジアインドア4位]
日本[B:2012年・2014年AFC優勝//2017年アジアインドア3位]
タジキスタン[C]
韓国[D]

地元開催になった2016年のAFCで準優勝に輝いたポッド1、地味強ウズベキスタンに元アジア王者の日本が挑む。

腰回りと背中の分厚さに特徴のある中央アジアのタジキスタンをパスアンドムーブで翻弄し、明確にランクの劣る韓国相手に得失点を稼ぐ。
最終戦に控えるウズベキスタンとの直近の戦績は芳しくなく日本の2分1敗(2014年AFC2-1●/2016年親善試合3-3△/2017年アジアインドア3-3△(PK負))。
ここまでに突破のメドをつけられているかで疲労度やカードトラブルなど、短期決戦を戦うチームマネジメントの難易度が一気に変わってくるだろう。

DSCN1138
若手主体で挑んだ2017年のアジアインドアゲームズで3位という確かな結果を出したブルーノ・ガルシア日本代表監督。
極小の活動回数ながら各国フル代表を相手に結果を出せたのは日本のポテンシャルがまだアジアトップクラスであること、ブルーノに確かな監督としての才があることを証明している。

DSCN3906
冷静にゴレイロを見る/外すゴールも増えれば次代のエースの座は揺るぎない。
強靭な体躯と強烈なシュートですっかり代表に定着した清水和也。

DSCN0959
2017年1月の負傷から2017年12月に復帰した加藤未渚実。
独特なドリブルと正確なキックを持つ貴重な左利きのアラは2018年1月のセントラル→プレーオフで好プレーを連発し、ブランク明け後のモチベーション&コンディションの高さを見せつけた。
メンバー入りは微妙だが、パワープレー/セットプレーなどのデザインプレーで発揮する彼の魅力は招集選手の中でも群を抜いている。

DSCN0928
DSCN0899
DSC_0739
川原引退後、いまいち決め手に欠くゴレイロ陣。
総合力でNo1のイゴールは37歳。
彼の背中を2014年のAFC、2016年のAFCクラブ選手権でイランキラーっぷりを見せつけた反応に優れる関口(26歳)と、前に出る判断が光る今シーズン急成長の矢澤(23歳)が追いかける。
2枠のメンバー入りの権利を掴むのは誰か?

DSCN1302
1990年後半から始まったフットサル日本史のメインストーリーを駆け抜けた木暮賢一郎。
2018年1月一杯で3年間指揮を執った大阪の監督から退任し日本代表のコーチに就任。
ブルーノの任期はおそらく2年か4年のどちらかのはずなので、次回の日本代表監督レースに向けて台湾がスタートの場所になる。


・グループC
イラン[A:2016年AFC優勝/2016年W杯3位/2017年アジアインドア優勝]
イラク[B]
中国[D]
ミャンマー[C]

2016年ワールドカップ3位の世界的強豪イランの1位通過は揺るがず、ここ最近力をつけてきた中東地区のNo2イラク(2017年AFC U20準優勝)に東南アジアの新興国ミャンマーがチャレンジ。
サッカーでは資金力を背景にクラブレベルで力をつけてきた中国だが、サッカー、フットサルとも代表レベルではまだまだ差あり。

DSCN7962
2014年に得点王に輝いたタイエビ(Hossein Tayyebi)はイランには珍しい細身なテクニシャン。
柳に風な身のこなしや、ゴレイロのタイミングを絶妙にずらしたフィニッシュで剛だけではないイランの懐の深さを体現する。
2016年ワールドカップ後はカイラト(カザフスタン。2013、2015年にフットサル版の欧州CLを優勝)や、タイソンナム(ベトナム。ベトナム代表の9割が在籍する唯一のプロチーム)を渡り歩き活躍の場を広げた。


・グループD
タイ[A:2016年AFC3位/2016年W杯ベスト16/2017年アジアインドア準優勝]
キルギスタン[C]
レバノン[C]
ヨルダン[C]

華麗なドリブル、流麗なパスアンドムーブ、GKを翻弄するフィニッシュ・・・。
ファンがイメージする『フットサルらしさ』をこれでもかとばかりに体現するアジアのアーティスト集団、AFC初優勝を狙うタイがグループをリード。
2013年、2017年とAFCクラブ選手権ではいずれもイランのパサンとの決勝戦を制しており、中東3国の包囲網は逆にやりやすいだろう。

ワールドカップ出場権がかかった2016年のAFCで日本に引導を渡したキルギスタン、2017年のAFCクラブ選手権で同国のチームが決勝トーナメントに進出したレバノン、新興国のヨルダンは横一線。
グループCを1位突破するであろうイランとの中東下剋上決戦のチケットを争う。

DSCN4198
2016年得点王。タイの絶対エース、ピヴォのスパウット(Suphawut Thueanklang)。
ムービースターのようなルックス&スタイル抜群の長身ピヴォは多彩なシュートテクニックでゴールを決める。

DSCN1103
タイ代表とチョンブリの監督を兼任。
チョンブリを2013年にAFCクラブ選手権で優勝に導き、タイのフットサルの強化に多大な貢献を果たしたプルピスが2度目の代表監督就任。
人気スポーツになったがゆえに発生した試合数過多による選手のコンディション不良を回復できれば悲願のAFC制覇も見えてくるだろう。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ